キャッシュバックの勘定科目は?雑収入なのそれとも値引きかな?

 

仕訳をしていて困るもの

仕訳をしていて困るものの一つに、キャッシュバックがあります。他にも溜まったポイントを使う場合もありますよね。

キャッシュバックをする場合と、された場合、そして溜まったポイントを使う場合についての仕訳と勘定科目をまとめてみました。

 

広告

キャッシュバックした場合の仕訳と勘定科目

こちらからキャッシュバックを相手方に渡した場合の仕訳と勘定科目ですがこのようになります。

事業としてキャッシュバックする場合で、実質値引きであれば「売上値引」、

借方 貸方 適用
現金 売上 商品の販売
売上値引 キャッシュバック

 

 

 

後日に渡すような場合は、「広告宣伝費」や「販売促進費」あたりとなりますが、何れにせよ科目は統一しておくことが大切です。

借方 貸方 適用
広告宣伝費または販売促進費 普通預金または現金など キャッシュバック

 

 

 

 

キャッシュバックされた場合の仕訳と勘定科目

相手方からキャッシュバックを受け取った場合の仕訳と勘定科目ですがこのようになります。

事業としてキャッシュバックを受け取った場合は「雑収入」として取り扱うと良いでしょう。

借方 貸方 適用
普通預金または現金など 雑収入 キャッシュバック

 

 

 

 

広告

溜まったポイントを使う場合の仕訳と勘定科目

使用するポイント分は、「値引」とも考えられますし、「雑収入」と考えても良いでしょう。どちらであっても事業の経費には入りません。

何れにせよ科目は統一しておくことが大切です。

借方 貸方 適用
消耗品費など 現金 文房具など
雑収入 ポイント使用分

 

 

 

 

キャッシュバックの勘定科目で困った方などの口コミ

ツイッターを見てみるといろいろ情報が集まります。

 

キャッシュバックの勘定科目は

キャッシュバックと一言で言えども、渡す側や貰う側の違いもありますし、目的の違いもあります。実際の取引に見合った勘定科目を使用することが大切ですね。また、科目は(間違い防止を含めて)統一性を持って記帳したいですね。

 

参考になったらシェアしてくださいね!