スギ花粉2020ピークはいつまでとその対策は|関東は風の影響で飛散数量が毎年増加傾向なの

2020年のスギ花粉のピークがやってくる

毎年2月になると、スギ花粉の飛散量が増加しますが、2020年も例年通り花粉が飛散しています。

花粉の飛散数量が増加するのは時期的なものでもありますが、その他の影響として、風の影響が大きいとも言われています。それが春一番と呼ばれる風で、例年2月~3月半ば(立春から春分の間)に、その年に初めて吹く南寄りの強い風を指しますが、この風が吹く頃には、同じような風が吹きやすく、その風にのって花粉が飛んでくるという仕組みです。

風が強くなり空気が乾燥している状態が続くと花粉は飛びやすくなるため、ここが花粉のピークの時期となります。2020年はこの2月の3連休でピークを迎えそうです。

 

広告

2020のスギ花粉の対策は?症状はいつから出る?

スギ花粉の対策としては、目を保護するためにメガネと、口や鼻を保護するためにマスクの着用です。しかし2020年は、新型コロナウイルスの影響もあって、マスクが出回っていません。花粉症で苦しんでいる人にとっても、マスクが買えないのは悲しい限りです。

そして、花粉症などのアレルギー症状は、そのまま放っておくと重症化や慢性化することがあると言われています。花粉症が癖になってしまうと、どんどんひどくなっていく傾向があるため、まずは花粉を体に近づけないような物理的な抵抗として、めがねやマスクの着用が言われています。

症状がで始めるのは、花粉症に既になっている人は、花粉が飛散しだしてから体の反応が出始めます。鼻詰まりや鼻水、目がかゆいなどの症状が出始めたときです。早い人で1月から症状が出始めます。

しかし、これまで花粉症ではなかった人は、いつ発症するかはわかりません。あるとき突然に花粉症の症状が出る事があるので、今は花粉症じゃないからと言って、花粉対策をおろそかにしていると、ある日突然なってしまうこともあるので、注意しましょう。

関東地区の花粉飛散数が毎年増加傾向ってホント?

関東地域の2020年のスギ花粉の飛散数予想は例年以上となっています。毎年増加傾向とも言われていますが、スギ花粉は前年の夏のスギの成長具合にも影響されます。

2019年の夏は涼しく日照時間も短かったとされているので、全国的には過去と比較しても40~70%程度と予想されています。ですから多くの地域では花粉の飛散量は例年より少なめと予測されていますが、関東地区の予測では例年以上と言われています。そしてピーク時は、少なめの予想がされている地域でも、やはり飛散量は多くなるので、花粉症に対しては備えておく必要がありますね。

 

広告

スギだけじゃないヒノキ花粉にも注意が必要

花粉症が話題になるのは毎年1月からですが、年の最初にピークを迎えるのがスギ花粉です。しかし花粉はスギだけではありません。スギ花粉のピークが日本全国で2月から3月に来ますが、その次の4月からはヒノキ花粉が飛び出します。スギ花粉のピークがスギたからと言っても安心できませんので、ヒノキ花粉に反応してしまう方は特に継続的に対策をしていきましょう。

 

参考になったらシェアしてくださいね!