トヨタ博物館の所要時間はどれくらい?見学方法やアクセスと口コミも

 

トヨタの歴史がわかる車ミュージアムのトヨタ博物館

トヨタ博物館は、「クルマ館」と「文化館」の2つがあります。それぞれテーマに沿っていろいろな歴史が展示されています。車の博物館ですので、旧車も多く展示されていて、車好きにはたまりません。しかし、車好きではなくても車の歴史を学べますし、車のありがたさや便利さも、改めて実感できると思います。ぜひとも見ておきたい博物館です。

トヨタ博物館は、地元愛知の人だけではなく、日本全国からも訪れる人が多くいます。学校の社会見学先にもなっていますから、学生さんたちもたくさん訪れていますが、週末はカップルや家族子連れで来られている姿もよく見かけます。

そんなトヨタ博物館を、これから見学してみたいなという方も多いと思いますので、所要時間などをまとめて書きたいと思います。

 

広告

トヨタ博物館を見学するのに必要な所要時間は?

トヨタ博物館は「クルマ館」と「文化館」と別れていますが、それぞれ1時間程度も回ることが出来ます。もちろん、じっくり回って一日楽しむことも出来る展示数や内容になっていますから、何時間でも楽しむことが出来ます。

 

トヨタ博物館の見学方法は?入館料は?

トヨタ博物館の入館料は、2020年1月から料金改定されます。2019年は大人1,000円でしたが、2020年から1,200円と値上がりです。他にも料金改定されているので、2020年からの料金を載せておきます。

一般大人 1,200円(3,000円)
65歳以上 700円(1,500円)
中高生 600円(1,500円)
小学生 400円(1,000円)
未就学児 無料(無料)
()内は年間パスポート料金

他にも団体や、学校行事、障がい者向けの割引料金もあります。

開館時間は、9:30~17:00 (入館受付は16:30まで)で、休館日が月曜になっています。
祝日や年末年始はこれ以外の休館日もありますので、注意してください。

見学方法は?

見学は自由に回ることが出来ますが、ガイドツアーも無料で開催されていますので、そちらを利用するのも良いでしょう。ただし、時間や定員数が決まっているので、タイミングも重要ですね。

入館する時間帯によっては、昼食の時間帯もあるでしょう。博物館周辺は飲食店も少ないので、館内で食事をすることになると思います。館内にはレストランと、カフェが設置されています。レストランの博物館カレーは名物と紹介されていますが、なぜ名物なのかはわかりません。笑

イベントや企画展などもあるの?

トヨタ博物館では、企画展や各種イベントを適宜開催しています。公式サイトで詳細が公表されていますので、日程を自由に調整できるのであれば、行く前に一度確認しておくと良いでしょう。

 

広告

トヨタ博物館の行き方やアクセス

トヨタ博物館は、駐車場もあり、車で行っても問題ありません。電車は最寄り駅(リニアモーターの電車です)から徒歩3分程度ですので便利です。

トヨタ博物館
住所:愛知県長久手市横道41-100
電話:0561-63-5151

駐車場

豊屋の博物館だけ合って、駐車場もしっかり確保されています。専用駐車場は無料で、乗用車320台 、バス7台、障がい者用駐車スペース 8台、G-Station(PHV/EV用充電スタンド)5台分があります。

電車

東部丘陵線リニモの、芸大通駅から徒歩3分ほどです。

名古屋駅から行かれる方は、地下鉄で藤が丘駅まで移動(25分ほど)し、そこから東部丘稜線リニモに乗り換えてください。藤が丘駅から芸大通駅までは10分程度です。地下鉄もリニモも本数は多く出ているので、いつ行っても大差はありません。

 

ネットで口コミを見てみたら

名車、珍車などが展示されているので、車好きの方のワクワク感が伝わってきます。

 

トヨタ博物館まとめ

トヨタ博物館は、車の歴史を知る上でも、過去の車を楽しむためにも、ぜひとも一度見学したい博物館ですね。展示数も4,000点以上と言われていますので、じっくり見て回ろうとすると、丸一日中でもいることが出来ますね!見学の所要時間は、最低2時間程度見ておけばよいでしょう。

名古屋駅から博物館までの所要時間も電車で1時間弱、車でも1時間程度で行くことが出来ますので、手軽に見学に行くことが出来ますね。ただ、休館日(月曜+@)と営業時間(9:30~17:00)を間違えないようにご注意を。

 

参考になったらシェアしてくださいね!