ビール券っての価格が気になる!いったい定価っていくらなんだ?

 

ビール券って手軽な贈答品ですよね

もらって嬉しいビール券。あげて喜ばれるビール券。

ビールと交換できるビール券は古くから日本では親しまれていて、今でも贈答用に利用する方も多い引換券です。贈り物に使えるし、嵩張らないのも魅力の一つですね。お酒好きの方への贈答ならぴったりかも!

今日はそんなビール券について調べてみました。

 

広告

ビール券はどこで買えるの?使えるの?

酒好きのビール券を友人知人にプレゼントしたい!そう思ったとき、ビール券を購入しようと思ってもどこに売っているのか、知っている人は意外と少ないです。それというのも、「ビール共通券取扱店」や「全酒協」というステッカーが、店頭に貼ってあるお店で購入できるのですが、それがどこにあるのかがわからないのです。普段、気にしたことがないですよね。

ということで、酒屋さんでも売っているところと、売っていないところがあるので、近所の酒屋さんに買いに行こうといっても、売っていないこともあります。

最近では、コンビニや、ドラッグストアなどでも購入できるようになってきました。もちろんすべてのお店で買えるわけでもなく、先程書いた「全酒協」といったステッカーが貼ってありますし、判らなければ店員さんに聞いてみるといいでしょう。教えてくれますよ。

金券ショップにもおいてあるので、そういった買い方もありますね。

 

ビール券の定価は?種類もたくさんあるようだけど

ビール券は「633ml」の大びん二本と交換できるものと、「350ml」との缶ビール レギュラーサイズ2本と交換できる2種類があります。どちらの券にも有効期限が設定されているので注意が必要です。

ビール共通券(びん633ml 2本)の券は希望小売価格が「869円」となっています。ビール共通券(缶350ml 2缶)の券は希望小売価格が「555円」となっています。

 

 

広告

ビール券はビール以外にも交換できるの?

ビール券っていうんだからビールに交換できるだけじゃないの?と思い方も多いと思いますが、実はそうとも言えません。基本的にはビールと交換するのですが、お店によってはそれ以外のものでも交換できます。使用するお店の裁量で決められていることがほとんどです。

ビール券には、利用できる額面の表記が、券の端に小さく印字されています。
例えば、「K-7-0494」と書いてあれば494円相当と交換できるということです。 「Aー21-0784」であれば784円相当ですね。

そんなビール券ですが、どこでも使えるというわけではありません!
でも、心配無用。

ビール券使えますよってところならどこでも使えます。
例えば、ホテル業の「東横イン」では、ビール券やその他の金券でも宿泊代の精算ができますよ。
東横インの金券キャンペーン

それに、額面以下の利用なら、お釣りを出してくれるところもあります!

どれも、お店しだいなので、利用したいところで店員さんに聞いてみることが大切ですね。

 

ビール券の口コミをネットで調べてみたら

ビール券って紙でアナログ的ですが、今でもしっかり流通しているんですよね。

お釣りがもらえるお店ですね!

ちょっと切ないですが、使えるといいですね。

お食事券ですよね?

 

ビール券の解説動画

ビール券について解説している動画を見つけました。

動画

参考になったらシェアしてくださいね!