名古屋城の本丸御殿がスゴい!入場料や待ち時間・休園日やアクセスなど

 

尾張名古屋は城でもつといわれるほどの観光名所

名古屋はといえば、名古屋城が有名ですが、その名古屋城天守閣の横に建っているのが本丸御殿です。
その御殿の内部は絢爛豪華に飾られていて、豪華すぎる御殿の最高傑作だと思います。
是非一度は、実際に見ておきたいと思う人が多いのも頷けますね。

そんな名古屋城の本丸御殿を楽しむために、公開期間は?入場料は?待ち時間は?という疑問に答えていこうと思います。

 

広告

名古屋城の入場料は?本丸御殿の入場料は?

名古屋城の入場料(観覧料)は、大人500円、中学生以下は無料です。これで本丸御殿は、追加料金なく入れます。名古屋城の入場料(観覧料)は、天守閣と本丸御殿のある名古屋城の敷地内の入場料と捉えておいていいでしょう。

 

名古屋城の入場料に割引はあるの?

名古屋城の入場料には割引やクーポンといったものがあるのでしょうか?

答えはあります。
まず割引についてですが、名古屋市内在住の高齢者は年齢のわかる身分証の提示で500→100円となっています。
他にも30人以上の団体だと割引があります。

隣接する徳川園とのセットとなる共通入場券もあり、結果的に割引された価格になります。

名古屋城は名古屋市が管理していることもあり、地下鉄の1日乗車券「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」や、巡回バスメーグルのチケット「メーグル1DAYチケット」の提示でも100円割引してもらえます。

さらに、年に1回ですが「名古屋まつり」の日は無料で入場できます!
名古屋市営の観光施設は入場無料になるのです。

名古屋まつりに伴う2019年10月20日(日)の 無料開放施設はこちら
・名古屋城(※10/19・20両日無料)
・徳川園
・文化のみち 二葉館(旧川上貞奴邸)
・文化のみち 橦木館
・名古屋市博物館(※常設展無料)
・東山動植物園
・東山スカイタワー
・揚輝荘
・白鳥庭園E
・東谷山フルーツパーク(世界の熱帯果樹温室無料)
・体感!しだみ古墳群ミュージアム(展示室無料)

 

広告

名古屋城の開演時間と休園日は?

名古屋城は午前9時~午後4時30分まで開場しています。(入場は午後4時まで )

年末年始のみ休園しているので、この時期は注意が必要です。
参考までに、例年12月29日~31日、1月1日(4日間)が休みとなっています。

本丸御殿は午前9時~午後4時までとなっているので、閉園間近の場合は特に注意してくださいね。
せっかく見に行ったのに入れなかったということがないように。

 

本丸御殿はどんな造りなの?

やはり文字よりも動画がわかりやすいと思いますのでので、動画を探してみました。

こちらは本丸御殿の作りが見られます。

動画

建築途中の動画もありました。

動画

 

名古屋城の本丸御殿を観覧した方のネットでの口コミ

ツイッターでの口コミです。
行ってよかったという口コミが多いですね!


天守閣には入れませんが、外観もライトアップされてきれいですね。

本丸御殿の待ち時間はどれくらい?写真は撮れるの?

本丸御殿は人気のエリアなので時間帯によっては並ぶこともあります。
特に休日は混みやすく、平日でも午前中混んでいることも。

とはいえ、公開してすぐの時期は1時間以上待っての入場でしたが、今では数分程度で入れます。時間帯によっては並んでいません。

観覧に必要な時間としては、概ね30分もあれば一通り見ることが出来ます。
ある程度人の流れに沿って歩いていく形ですが、じっくり見たい箇所で立ち止まっていても問題ありません。

写真は取り放題です。笑

但し、撮影できるエリア(観覧できるスペース)が決まっているので、
間近で撮影するのは難しい箇所も多々ありますが、
ルールを守っていれば取り放題なのです。

 

名古屋城(本丸御殿)の場所とアクセス

地下鉄「市役所駅」7番出口から徒歩8分で本丸御殿に到着します。(途中チケット売り場があります)

 

なごや観光ルートバス メーグルで「名古屋城」
名古屋市バス「名古屋城正門前」下車してすぐのところにチケット売り場があります。徒歩6分で本丸御殿に到着します。

駐車場も正門前にありますので、マイカーでもOKです。

駐車料金案内は参考までに。
普通車 30分以内ごと 180円

参考になったらシェアしてくださいね!