新型コロナウイルス仙台市の感染者も|住所や区、エリアはどこ?保育園児や小学生に拡大も

新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。宮城県仙台市でも感染者が増大しています。そこで今回は仙台市の頃のウィルス感染者の状況などを、まとめてみました。

仙台市の新型コロナウイルス感染者状況は?

仙台市では4月14日時点で50名以上の感染者が確認されています。

仙台市では今現在2つのクラスターが発生している模様です。1つは保育園で1つは英会話教室です。そのどちらも外国籍の女性が講師を務めておりここから感染が拡大した模様です。しかし、それ以外の感染経路不明者もいますから、自分は関係なさそうだと安心してはいけません、注意が必要です。

また、仙台市職員の感染者も確認されており、この私の職員の濃厚接触者も現在は自宅待機となっています。ここでも感染が拡大していないと良いのですが。

 

広告

仙台市内?区やエリアはどこが多いの?

仙台市内では先ほど紹介したクラスターの1つ保育園が、泉区であることが既に発表されています。そのことから泉区にある、いずみ保育園の関係者や園児、保育者も感染のリスクが高かったです。

もう一つの、クラスターである英会話教室は、泉区にある向陽台校と言われていました。また、この英会話教室は仙台市内に宮城野区、若林区にも教室を持っているため、この辺に関係している方は注意が必要ですね。

現在はクラスターを中心に感染者の確認を行っていますが、だからといって他の区域が安全と言う意味ではありません。現時点でわかっている情報だけを頼りにするのはリスクが高いので、あくまでも参考情報程度としておきましょう。

 

小学生や保育園児にも感染拡大している現状とは

仙台市では小学生や保育園児にも感染を確認しており、子供たちにもコロナウィルスの猛威が襲っていることがわかっています。

今のところ10歳未満は3名、10代は2名と発表されています。保育園女児1名と小学生男児1名、小学生女児5名のようです。

いずれも感染経路は判明しているようなので、過剰に心配する必要はないと思いますが、当初言われていたような、子供たちには感染しないといった事はない。と言う事だけは記憶しておくと良いでしょう。

 

広告

仙台市内の新型コロナウイルス対応の病院はどこ?

仙台市内の感染症指定医療機関は2つあります。1つは東北大病院もう一つは仙台市立病院です。東北大病院は極めて症状の重い患者を、仙台市立病院は軽症の方を主に受け入れているようです。

しかし、病院がわかったからといって、中にはPCR検査を行ってほしいなどの問い合わせをされる方も多くあるようで、病院としては困っていると言う状況があります。心配な気持ちもわかりますが、病院の貴重な時間を奪ってしまうことにもなりますので、迷惑をかけないようにしたいものです。

今は、医療機関や医療従事者の方の負担が大きくなっていますので、感謝の気持ちと助け合いの気持ちを持って、皆さんで対応していきましょう。

まだまだ収まる気配のない新型コロナウィルスですが、私たちができる事はできるだけ人との接触を避け、 感染らない気持ちと、移さない気持ちで日々を過ごすことだと思います。1日も早くコロナウイルス騒動が収束するように心掛けて活動したいですね。

 

参考になったらシェアしてくださいね!