新型コロナウイルス長野県で感染者が!病院の場所はどこ?感染経路や2次感染は?

長野県でも新型コロナウイルス感染者が確認

長野県の松本地域に住む60代の男性が、新型コロナウイルスに感染したことが長野県から発表されました。この男性の2週間以内の渡航歴は無しのようです。

 

広告

感染経路と行動履歴は?

2月20日に倦怠感(けんたいかん)、21日に37~38度の発熱が見られたため医療機関を受診。そして23日に保健所に相談しましたが、24日になっても38度の熱が続いたため、PCR検査の結果、新型コロナウイルスの感染が確認されたもようです。

男性は、2月の14-17日に北海道、17-19日に東京都内に滞在しており、長野県内で感染したというよりも、他の地域で感染してしまった可能性が高そうです。なお、北海道、東京では、共に感染確認されている方が多数出ています。

長野県では更に詳しく、この弾性の行動歴や濃厚接触者の調査を進めているようです。

入院先の病院の場所はどこ?

今回感染が見つかった男性の入院先病院は発表されていません。新型コロナウイルス感染ですので、感染症指定医療機関の指定病院に入院されていると思われます。男性は松本地域在住との発表がありましたので、「松本市立病院」など居住地に近いところなのかもしれませんが、病床数との兼ね合いもあり詳細は不明です。

長野県の感染症指定医療機関はこちら

第1種感染症指定医療機関

病院名:長野県立信州医療センター
所在地:長野県須坂市大字須坂1332

第2種感染症指定医療機関

病院名:長野県厚生農業協同組合連合会佐久総合病院佐久医療センター
所在地:長野県佐久市中込3400番地28

病院名:独立行政法人国立病院機構 信州上田医療センター
所在地: 長野県上田市緑が丘1丁目27−21

病院名:岡谷市民病院
所在地:長野県岡谷市本町4丁目11−33

病院名:伊那中央病院
所在地:長野県伊那市小四郎久保1313番地1

病院名:飯田市立病院
所在地:長野県飯田市八幡町438番地

病院名:長野県立木曽病院
所在地:長野県木曽郡木曽町福島6613−4

病院名:松本市立病院
所在地:長野県松本市波田4417−180

病院名:市立大町総合病院
所在地:長野県大町市大町3130

病院名:長野県厚生農業協同組合連合会 長野松代総合病院
所在地:長野県長野市松代町松代183

病院名:長野県立信州医療センター
所在地:長野県須坂市大字須坂1332

病院名:長野県厚生農業協同組合連合会 北信総合病院
所在地:長野県中野市西1−5−63

 

広告

長野県の相談窓口はこちら

長野県での感染が確認されたことから、長野県民は不安が募ってしまうと思いますが、長野県では相談窓口を公表していますので、必要な場合は相談しましょう。

一般相談窓口(県庁保健・疾病対策課)

026-235-7277 または 026-235-7278【専用電話:24時間対応】

 

有症状者相談窓口(保健所) ※国のいう「帰国者・接触者相談センター」

電話相談窓口

平日(8時30分~17時15分)

休日・夜間(17時15分~8時30分)

佐久保健福祉事務所(佐久保健所)

0267-63-3164

0267-63-3111(代)

上田保健福祉事務所(上田保健所)

0268-25-7149

0268-23-1260(代)

諏訪保健福祉事務所(諏訪保健所)

0266-57-2927

0266-53-6000(代)

伊那保健福祉事務所(伊那保健所)

0265-76-6837

0265-78-2111(代)

飯田保健福祉事務所(飯田保健所)

0265-53-0444

0265-23-1111(代)

木曽保健福祉事務所(木曽保健所)

0264-25-2227

0264-24-2211(代)

松本保健福祉事務所(松本保健所)

0263-40-1939

0263-47-7800(代)

大町保健福祉事務所(大町保健所)

0261-23-6529

0261-22-5111(代)

長野保健福祉事務所(長野保健所)

026-225-9039

026-223-2131

北信保健福祉事務所(北信保健所)

0269-62-6104

0269-62-3105(代)

長野市保健所

026-226-9964

026-226-4911

引用:https://www.pref.nagano.lg.jp/hoken-shippei/kenko/kenko/kansensho/joho/bukan-haien.html

 

2次感染の可能性や対応方法は?

男性の行動歴が発表されており、長野県松本地域や、北海道と東京の滞在場所を含めて2次感染の不安があります。しかし、今はどこにもウイルスがあると思いながらの行動をしていかないと、感染リスクは変わらないと思われます。

マスクの着用や手洗い、できればアルコールなどの除菌スプレーを携行して、こまめに除菌に努めていくのが、今後も自己防衛の基本となりそうです。

 

参考になったらシェアしてくださいね!