新型コロナ北海道50代女性給食配膳員|小学校の場所は?児童への感染や影響についても

新型コロナ感染の北海道女性は小学校の給食配膳員

23日に北海道にある江別市教育委員会が、新型コロナウイルス感染が確認された50代パート従業員の女性について、江別市内の小学校に勤務する給食配膳員と発表しました。

これで北海道内で確認されている感染者は35人となりました。

【追記】2/27に安倍首相が、全国の小中高校に春休みまでの期間を臨時休校するように要請を出しました。

広告

小学校の場所はどこ?

江別市内の小学校に勤務していたという発表がありましたが、江別市内には小学校が17校ありますが、詳細は発表されていないため、この中のどこかとなります。

江別第一小学校 緑町西1丁目37
江別第二小学校 野幌代々木町39
豊幌小学校 豊幌419
江別太小学校 朝日町25-2
大麻小学校 大麻宮町2
対雁小学校 見晴台17-1
野幌小学校(特認校) 西野幌252
東野幌小学校 東野幌町48
大麻東小学校 大麻東町32
大麻西小学校 大麻扇町1
中央小学校 向ケ丘54
大麻泉小学校 大麻泉町27
野幌若葉小学校 野幌若葉町5-3
北光小学校 篠津805-3
文京台小学校 文京台70
いずみ野小学校 対雁113-1
上江別小学校 ゆめみ野南町9-3

詳しくは江別市のホームページをご覧ください。

https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/kyouiku/2939.html

 

現時点では、小学校は休校や学級閉鎖などの対処は行っていないようですが、小学校に子供を通わせている親御さんは心配でしょう。

 

SNSの様子は

SNSでも小学校の給食配膳員ということで話題になっています。給食は小学生の中では特に重要なことですからね。

広告

給食配膳員からの感染の可能性は?

今回感染してしまった給食配膳員の50代女性の方は、喉の痛みを覚えた翌日まで小学校で勤務しており、その間はマスク、白衣、手袋を着用して194人分の給食(学校全体の一部)を配膳室から各教室に運んでいたもようです。教室までの配膳はしたが、教室には入っていないとのことですので、児童との接触する機会は少なかったようです。

児童との接触機会は少なくても、学校には先生などの大人もいますから、2次感染、3次感染と言うことも想定しないといけませんね。

しかし、身近なところで感染者が見つかると、ウイルスが簡単に見えないために、どうしても不安が先に出てしまい、あれこれと疑ってしまうことも多いと思いますが、落ち着いて状況を把握して対処したいものです。

また、学校内ということもあって、状況によっては1週間でも休校をさせるというのも、感染拡大予防という視点では必要なのかもしれませんね。

参考になったらシェアしてくださいね!