新型肺炎は症状なしでも予兆はある?潜伏期間や気になる症状をまとめてみた

新型肺炎(コロナウイルス)は症状が出ない人も多数いる

新型肺炎(新型コロナウイルス)が全国に感染が拡大していますが、感染していても症状の出ない方がいることがわかってきました。報道では感染者数が公表されていますが、これは新型肺炎の検査をしてわかった人数です。しかし、症状の出ない人がいるということは、そもそも検査もしていないわけですから、実際の感染者数は、報道で公表されている数字よりも遥かに多いと思ったほうが良さそうですね。

広告

潜伏期間はどれくらいなの

感染しても感染に気が付かずに、いつもどおり仕事をしたり外出してしまう可能性もあります。悪意がなくても、結果的にウイルスとばらまいてしまう可能性があるということですね。

そして、後から発熱するなどして気が付き、病院に行ってやっと感染が判明する。そんなことがこれからも起きてくると予想されますし、もしかすると自分がそうなってしまうかもしれないという不安がつきまといます。

新型肺炎では潜伏期間が、最初の頃は10日程度と言われていました。しかし、24日という話も出てきて、正直良くわかっていないというのが現状でしょう。ということは、何日隔離されていれば大丈夫ということが無いということになります。しかし、ずーっと外出しないというわけにもいかないでしょうから、潜伏期間がどうかよりも、前兆や予兆があればわかりやすいのにと思うのです。

新型肺炎の症状が出なくても別の症状が出た事例も

基本的には「かぜの症状が4日以上続く場合」とか、「強い倦怠感(けんたいかん)がある」とかが言われています。しかしこの場合は発症している可能性なので、症状なしの人には当てはまりませんから、気が付けませんね。

他にはネットを調べてみると、日本眼科医会が「新型コロナウイルスに感染した場合、結膜炎を発症する可能性がある」という通知を出していることが判りました。もちろん可能性なので、結膜炎があれば新型肺炎ということではありませんが、記憶に残しておいてもいい情報だと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=hlNXUB07j78

新型コロナウイルス感染症と結膜炎について

広告

こんな症状がでたら注意したい

そして、初期症状が風邪に似ているということなので、普段から風邪程度では大丈夫って方は、感染しても気づきにくいのかもしれません。ですから、この時期は、風邪の症状(喉が痛い、鼻水、鼻詰まり、熱っぽい、体がだるい、くしゃみ、咳、痰など)が出たら、いつもよりハードルを下げて気にするようにしたほうが良いでしょう。

健康体の人は、感染しても症状が出なかったり、乗り越えたりできるのかもしれませんが、基礎疾患をお持ちの方や、体力的に弱い方などに感染させる可能性もあるわけですから、感染らないように予防することも大切ですし、ウイルスを撒き散らさない(感染源にならない)という気持ちも大切だと思いますから、そのあたりも心がけて、この危機を乗り切っていきたいですね。

参考になったらシェアしてくださいね!