浜口ウレタンのマスク販売予約はいつから?100回以上洗えるマスクの価格やサイズ、購入方法についても

追加情報あり

5月11日からの販売は、地元の人たちが買いやすいようにとの配慮により、地元の薬局など12軒の店頭販売のみとなりました。まずは地元の人たちに行き届くようにすることが、地元への恩返しとのお考えのようです。

浜松以外の方で楽しみにしていた人にとっては残念ですが、地元愛のあふれる企業ということがよく判りますね。でも、その後に時期を見てインターネット販売を始めてくれるようなので、今はそのタイミングを待つほかありませんね。

修正箇所あり
発売開始日が変更となりました。 2020/5/1 → 2020/5/11

現在のマスク不足もあって、いろいろな企業がマスクの生産を新たに開始しています。そんな中、浜松市にある浜口ウレタンさんも、新しいマスクを製造、販売してくれるようです。マスクの販売は、5月1日(5月11日に変更となりました)5月11日からを予定していますが、その前にわかっているだけの情報をお伝えしたいと思います。

浜口ウレタンで100回以上洗えるマスクが製造開始!

浜口ウレタンのマスクは、厚みもあって、しっかりもみ洗いしても大丈夫なマスク。だから100回以上洗っても大丈夫とも言っておりますので、マスク不足の今、長く使えるマスクと言うのは、非常にありがたい存在ですね。

新型コロナウイルスも、長期の戦いが予想されていますから、こういった耐久性に優れたマスクというのは、心強い味方になりそうです。

そんな、浜口ウレタンのマスクがテレビで紹介されていたので、ニュース動画のリンクを貼っておきますね。ご覧いただくとわかりますが、しっとり保湿効果もありそうで、「ファンデーションがよれない」など女性に好評のようです。(既にYahoo!ニュースが削除されていたらごめんなさい。)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00010011-satvv-l22

 

広告

浜松のウレタン樹脂成形加工の浜口ウレタン株式会社とは

浜口ウレタンは、浜口に拠点を置く会社でウレタン素材の独自の技術を持った会社です。

10年前にもマスクの製造販売を行っていましたが、マスクが思うように売れずに撤退していました。しかし、新型コロナウィルスの影響で、マスク不足が叫ばれるなか、立ち上がったと言うわけですね。

浜口社長は「うちのマスクを使うことで、いくらかでもマスク不足が解消できればと思っている」との思いを伝えています。

ウイルス対策マスクの価格やサイズ、種類は?

浜口ウレタンで販売されるマスクは2種類あります。1つは「洗える竹炭マスク」、もう一つは、「洗えるべにふうきマスク」です。明確な違いがまだ公表されていませんが、動画を見る限り練り込まれているものの違いだけのようですね。

なお、2種類とも価格は1枚1,000円(税込)となっています。抗菌、防花粉、防塵、防カビに対応しており、ウィルス対策から花粉症対策(花粉を95~99.5%ブロック)、農作業、ほこり防止等、万能です。と、社長もかなりの自信作のようです。

特徴としては100回以上洗えるところがポイントで、熱湯消毒も可能です。また、マスクの大きさは、S・M・L・LLlの4タイプありますので、顔にフィットできるサイズが選べそうですね。

 

広告

マスクはどこでいつから買える?予約や購入方法は?

マスクは、2020年5月1日(5月11日に変更となりました)5月11日より販売を予定しています。販売箇所などは現時点では公表されておらず、5月11日に浜口ウレタンの公式ホームページや、地元の中日新聞、静岡新聞などで発表されるようです。浜松近隣の方は新聞で確認できますね。

そのため、予約は今のところ出来ませんが、販売方法が決定したあとは各販売店で予約できるかもしれませんね。また、通販サイトはどこで、どのように売るのかも気になりますね。こちらもわかりしだい追記していこうと思います。

漏れ伝わる話によりますと、浜松市の薬局やインターネット上で販売する予定ですが、詳細は5月11日を待つほかなさそうです。浜松から離れたところの方は、公式サイトをチェックしておきましょう。

 

参考になったらシェアしてくださいね!