白浜空港発のバス料金はいくら?熊野古道を歩いてパンダもみよう!

 

南紀白浜空港から観光地へ

和歌山県にある、アドベンチャーワールドは、昔からパンダがおり、繁殖も盛んでパンダがたくさん見られるスポットとして有名です。しかも、混み具合もそこそこなので、じっくりパンダが見られるというメリットがあります。南紀白浜空港からほど近い場所にあるのも魅力ですね。

他にも世界遺産の熊野古道経も、南紀白浜空港からバスが出ており、観光客の足としても役立っています。南紀白浜空港周辺には、観光地や見どころはたくさんあり、それぞれバスで移動もしやすいように、空港からバスが発着するようになっています。

そこで、南紀白浜空港発着のバスについて調べてみました。

 

広告

空港発着の高速バスと路線バスのルート

空狐発着のバス路線は6路線あり、うち3路線が高速バスで、東京、大阪、京都への路線です。

残り3路線が

・串本・那智勝浦・熊野古道(大門坂)・新宮方面
・熊野古道(中辺路)・本宮大社方面
・白浜駅方面(路線バス)

です。

熊野古道や、

白浜空港からのバス料金は?

パンダのいるアドベンチャーワールドに行くなら、白浜駅行きの路線バスに乗ります。
料金は200円です。
終点の白浜駅まで行くと、610円です。

観光スポットを抑えた路線バスはぐるっと周遊しますので、フリー乗車券(大人1,100円~)を使って周遊するという手もあります。
詳しくは明光バス(路線バス)公式HPを確認ください。

 

串本・那智勝浦・新宮へは、「白浜空港リムジンバス」を利用します。
串本駅、串本 大水崎まで 2,000円
紀伊勝浦駅、太地駅まで 2,600円
新宮駅まで 3,200円となっています。

 

熊野古道(中辺路)・本宮大社へは、「快速 熊野古道号」を利用します。
中辺路行政局前まで 1,600円
本宮大社まで 2,550円
新宮駅まで 3,450円となっています。

 

広告

白浜空港のネットでの口コミは?

 

まとめ

南紀白浜空港周辺は、白浜温泉、世界遺産・熊野古道と高野山、アドベンチャーワールド(パンダ)、三段壁、千畳敷といった観光名所があります。飛行機で空港についたら、飛行機の到着に合わせて出発するバスがでています。

様々な目的地に向けて路線も整備されており、路線バスは観光名所を周遊するようなルートが作られているので、フリー乗車券を活用してみるのも良いですね。

 

参考になったらシェアしてくださいね!