美ら海水族館のジンベイザメが減った理由が驚き!年齢や大きさが原因?

 

沖縄の美ら海水族館のジンベイザメが減った

沖縄の美ら海水族館の人気ものといえばジンベイザメですが、そのジンベイザメが減ったのではないか?という話題が出ています。

優雅でのんびりと泳いでいるジンベイザメの姿は 、見ていても飽きません。そんな大きくて可愛らしいジンベイザメが本当に減ってしまったのか心配になって調べてみました。

 

広告

ジンベイザメは何匹?

ジンベイザメはサメなので数え方は匹だと思ったのですが 、匹でも頭でもいいみたいです 。そこで、ここでは統一して匹で書いていきます。

沖縄の、美ら海水族館には、もともとジンベイザメが3匹いました。
その時の動画がありましたので載せておきます。

 

その、ジンベイザメは2019年現在は、オス・メス書く1匹のあわせて2匹になっています。

理由はジンベイザメの繁殖のためで 、もともと大きなジンベイザメですが、水槽の中では 3匹では狭すぎるという理由のようです。大きな水槽だと思いますが、やはり3匹が入ると、安心して繁殖行動に移れないのではないか?という思いもあり、影響が出るのではないかという判断のようです。

もう1匹は、美ら海水族館の前の海に、生簀が作られて飼われているようです 。

 

ジンベイザメ2匹の大きさと年齢は?

美ら海水族館にいるジンベイザメの大きさは 一匹はオスで、大きさはおよそ8.7mほどと言われています。一方のメスの大きさはおよそ8.0 mほどと言われています。 重さはおよそ5トンとも言われています 。ものすごい大きさですね!

飼われているジンベイザメのオスの年齢は、美ら海水族館で24年間(2019年現在)飼育されていることが分かっています。しかし、実際の年齢ははっきりして いません。そもそもジンベイザメは 100年以上生きるとも言われていますから、 美ら海水族館のジンベイザメもそれなりの年齢ではないでしょうか。

 

広告

繁殖のために水槽を広く活用する

ジンベイザメの生態は未だに謎に包まれた部分が多く、特に繁殖に関しての情報はほとんどありません。そのため手探りでの挑戦になっています。その一環として、水槽内にゆとりをもたせるために、2匹の展示としたようです。

 

ジンベイザメに対する口コミは?

美ら海水族館のジンベイザメに対するネットでの、様々な口コミを集めてみました。

 

ジンベイザメの子供ができたらいいね

まだ謎の多いジンベイザメですが 、研究の結果で繁殖に成功して、子供が生まれる日が来るのを、楽しみに待ちたいと思います。そんな時は、この水槽だけでは収まりきらなくなっちゃうので、どうするのかも考えないといけないかもしれませんね!

興味をもたれた方は、是非一度、自分の目で見てみることをお勧めします 。

 

美ら海水族館の基本情報

所在地:沖縄県国頭郡本部町字石川424番地

参考になったらシェアしてくださいね!