16進数の変換をエクセルで!2・8・10進数もExcelの関数でかんたんに

 

16進数の変換がめんどうで判りづらい

私達が日常使っている 数字は10進数という数え方をしています。これは、0~9の数字を使って、9の次は2桁にして10とする数え方ですね。

これがコンピューターの中では2進数と言われる数え方をしています。考え方としては、0と1 のみの数字を使って、0,1,10,11,100,101,110,111・・・と数えていきます。他にもコンピューターの中で使う数え方には16進数と言われるものもあります。これは0~9とA,B,C,D,E,Fとアルファベットも使って数を数える方法です。19の次は1A,1B・・・と増えていきます。99の次は9Aですが、9Fの次はA0となります。ややこしいですね。

他にも8進数というものがありますが、これも2進数、10進数、16進数と同じように、0~7の数字を使って数えると覚えておいてください。コンピュータの中で使われますが、一般的にはあまり関わるチャンスは少ないかもしれません。

 

広告

エクセル関数に変換できるものはないの?

コンピュータに関わるようになると、16進数はちょいちょい触れ合うことになります。なぜ16進数を使うかと言うと、桁数を少なくできるというメリットがあります。

10進数で「15」という数字は、16進数では「F」という数字(文字)で表すことが出来ます。2桁と1桁の違いですね。これが数字が大きくなってくると、どんどん桁数の差が生まれてきます。たとえば「FFFFFFFFF」というFの9ケタは、10進数では「68719476735」という11桁になりますね。

ということで、何かしらの理由で10進数と16進数を変換したい!という自体が発生するかもしれませんし、すでに発生しているから調べているのかもしれません。そこで、エクセルを使ってかんたんに計算できる方法を書いていこうと思います。

 

2進数・8進数・10進数・16進数の変換方法一覧

画像にして貼ってみました。

C列に関数を用いた計算式が書いてあります。()カッコの中に変換対象のセルを指定してください。

 

ここで使用するエクセルの関数は、非常にわかりやすくなっていて、各頭文字3文字を使っています。

2進数:binary digits  → BIN
8進数:octal digits → OCT
10進数:decimal digits → DEC
16進数:hexadecimal  → HEX

10進数から(DEC)から16進数(HEX)に変換したい場合の関数は、DEC2HEX(DEC to HEX)ですね。

ちなみにExcelでも2007バージョンまでは「Excelのオプション」から設定が必要のようです。
あいにく持ち合わせていないので、確認してありません。

 

広告

webの16進数変換ツールはある?

エクセルで作るほどではない場合の、ちょっとかんたんな調べ物の場合は、webで公開されているツールを使うという手もあります。

こちらで大体のことが足ります。
2進数、8進数、10進数、16進数相互変換ツール

2進数とか10進数とかじゃなく、19進数で調べたい的なマニアックな方はこんなツールもありました。そんな変換を一体いつ行うのかわかりませんが。笑
2進数、10進数、16進数および2~95進数全ての相互変換ツール

 

16進数変換の口コミ

ツイッターで16進数の話題を集めてみました。皆さん困っている方が多いようですね。

 

マジですか!?

 

 

エクセル関数で解決できた

わかりずらい16進数の変換もエクセルでかんたんに変換できました。関数も覚えやすいので必要なときに使ってみてくださいね。

 

参考になったらシェアしてくださいね!