16時間プチ断食効果はどうなの?やり方とやってみた感想・結果

1日2食にして、16時間プチ断食することが、体にとってとても良いと言われ、意識高い系の人たちがこぞって始めているとか(笑)。そんな16時間プチ断食のやり方や効果、また、実際に始めてみた感想と結果をお伝えします。

16時間プチ断食とは? やり方など

16時間プチ断食とは、その名の通り1日に16時間の断食時間を取るという方法です。

つまり、食事は残りの8時間の間に行うことになります。

そうなると、1日3色食べる余裕はありません。

そうです。食事は1日2食。朝食を食べません。

ただ、1日16時間食べない状態を作ることは可能なのかと思うでしょうが、睡眠時間をこの16時間に組み込めば、さほど大変でもありません。

ざっくり言うと、睡眠時間を8時間取るとして、前後4時間食べなければいいだけです。

夜8時に夕食を食べ終わったとしたら、12時の就寝時間まで何も食べずに寝ます。

次の朝、8時に起き、朝食は食べずに、お昼ご飯を12時に食べる。

これで16時間プチ断食が可能です。

ただ、朝起きて昼までの4時間が、なんとなくキツそうに思えるかもしれません。

そんなときのために救済措置があり、お腹がすいたらナッツだけは食べてもOKなんです。

ただし、無塩の素焼きのナッツに限ります。

飲み物は飲んでもOKなので、お茶とナッツでしのげば、なんとなく行ける気がしませんか?

16時間プチ断食のやり方といったらこんな程度で、とてもシンプルです。

広告

16時間プチ断食にはどんな効果があるのか?

では、16時間プチ断食には、どんな素晴らしい効果があるのでしょうか。

  • 痩せる
  • 若返る

まず、見た目的にはこんな効果があります。

続いて、

  • がん
  • 高血圧
  • 認知症
  • アレルギー
  • 感染症

これらの病気を防げます。

また、食事量が減るので、党の過剰摂取も防げることから、

  • 脂肪肝
  • 糖尿病

のリスクも軽減できるでしょう。

16時間プチ断食がなんで良いのか?

逆に、なぜ1日3食食べたらダメなのか、その理由からいきましょう。

1日3食普通に食べると、カロリーオーバーになってしまうからです。

もしあなたが間食もせず、1日3色をきちんと食べているだけだとします。

それなのにあなたは太っていませんか?

もし太っていたとしたら、カロリーオーバーだからです。

その他にも1日3食食べると、常に消化活動が続き、腸や肝臓が休まる暇がありません。

若いときはまだ腸や肝臓も元気ですが、加齢とともに腸や肝臓も弱ってきて、それなのにこの重労働を続けると、機能障害を引き起こしてしまうのです。

つまり、歳を取るとともに、食べる量や回数を減らす必要があるわけです。

こうすることで年老いても病気になりにくい体をキープできるのです。

では、16時間プチ断食の考えはどこから来たかというと、実は16時間食事をしないでいると、もちろん消化活動は終わり、その後「オートファジー」という体の中から栄養を取り込み運動させようという機能が働きはじめます。

つまり、古い細胞や老廃物をかき集め消費され、それをもとに新しい細胞が作られるため体が活性化します。

ちなみに、脂肪の燃焼は10時間くらいから始まります。食事と食事の間が10時間も空いていない人は、脂肪さえ燃えません。つまり痩せないわけです。

それを16時間まで引き延ばせば、オートファジー効果が得られます。つまり老いない体を得られるわけです。

見た目も、体力も、内臓年齢も若いままでいられるなんて、良いと思いませんか?

広告

詳しくはこの本に書いてあります

この16時間のプチ断食の効果については、この本に詳しく書いてあります。

青木厚氏の『空腹こそ最強のクスリ』という本です。

私も読みました。

青木先生は、埼玉県東大宮にある、あおき内科 さいたま糖尿病クリニックの院長さんです。

ライザップの医療監修も務め、「行列のできる法律相談」や「直撃!コロシアム!ズバっとTV」などのテレビにも出演されています。

専門は糖尿病や高血圧、脂質異常症など生活習慣病。

糖尿病の治療に「オートファジー」を用いた食事法を取り入れ、インスリンからの離脱やクスリを使わない糖尿病治療に成功しています。

自らも舌がんを患うも完治させたことより、食事療法でのがん再発を防いでいます。

16時間プチ断食をやってみた効果と感想

この16時間プチ断食ト、私はいま実践しています。

正に、夕食を20時に食べ終わってからは何も口にせず、翌朝の朝食は抜いて、12時にお昼ご飯を食べます。

これを毎日繰り返しています。途中で小腹が減ったら、素焼きのアーモンドをかじったりしています。

朝食を食べないので、朝食代が浮きます(笑)。そのぶんで素焼きのアーモンドの購入費は全然ペイできます。

16時間プチ断食を始めてふと思ったのが、パンを食べなくなりました。パンは主に朝食に食べていたのですが、朝食取らなくなったことでを、パンを食べる機会がほぼなくなりました。

パンは小麦粉ですから糖ですから、糖の摂取が減ったことになります。

加えて、週3日程度軽くジョギングをしています。軽い筋トレなどの運動は16時間プチ断食をする中でも推奨されていますし、普通に少しは運動した方がいいですからね。

あと、睡眠をしっかり取るようになりました。今までは夜型で2時3時まで起きていたのですが、12時に寝るようにしました。

無駄に起きていないので、途中でお腹が空いて間食をすることがなくなりました。

朝は7時に起きているので、毎日7時間は寝ています。以前は5時間くらいでした。おかげで日中に眠くなりません。

ところで、16時間プチ断食の効果は何かあったのかというと、

  • 3キロやせた(66キロ⇒63キロに。今も少しずつ減っている)
  • 冷え性がなくなった(眠るときに靴下を履かなくなても大丈夫!)
  • 朝の目覚めがいい(よく眠っているから?)

まだ開始して40日くらいです。

若見えは良くわからないです。目の下のクマが少なくなったような気もします。

16時間プチ断食を続ける上でのつらさは特にないです。というか全く私の場合はまったくつらくありません。

今日なんか、昼間に出かけたので、結局19時間断食でした(笑)。

このままこれを習慣化し、今年中に58キロの理想体重までもっていきたいと思います。

あなたも16時間プチ断食、始めませんか?

参考になったらシェアしてくださいね!