2021年限定 海の日・山の日・スポーツの日の変更について【要注意!】

オリンピック開催の関係で、2021年限定で海の日・山の日・スポーツの日が変更になります。お手持ちの手帳やカレンダーに記載してある日程とほあ異なると思われますので、ぜひご確認ください。要注意ですよ!

2021年限定で海の日・山の日・スポーツの日が変更に

2021年は東京で57年ぶりにオリンピックが開催されます。

その関係で、2021年限定で海の日・山の日・スポーツの日が変更となります。

これは2021年限定の特例です。

この3つの祝日の移動が決まったのは、2020年11月27日。

そのため手帳やカレンダーによっては、移動が反映されておらず間違って記されている可能性が考えられます。

混乱を招かないためにも、お手持ちの手帳やカレンダーの記載を確認してください。

広告

海の日・山の日・スポーツの日の移動日

2021年の海の日・山の日・スポーツの日の移動日は次のようになります。

海の日:7月19日(月)→7月22日(オリンピック開会式前日)

山の日:8月11日(水)→8月8日(オリンピック閉会式当日)

スポーツの日:10月11日(月)→7月23日(オリンピック開会式当日)

この変更は、オリンピックの開・閉会式前後の交通の混雑緩和を考慮したうえでのものです。

この移動のために、昨年、改正特別措置法を急遽成立させ、日程を移動させました。

この移動によって連休が変更に

この日程の移動により、当初の予定されていた連休が次のような変更を生じています。

海の日が7月19日(月)なので、当初は7月17から19日が3連休でした。

しかし、海の日が7月22日(木)に移動し、加えてスポーツの日が10月9から7月23日に移動したことで、7月17から19日は3連休ではなくなる代わりに、7月22から25日が4連休となります。

次に、山の日が8月11日(水)から8月8日(日)に移るので、8月9日(月)が振替休日となります。

そうなると、8月7から9日が3連休となります。

そして、スポーツの日は前述したとおり、当初の10月11日(月)から7月23日に移動するので、もともと10月9から11日が3連休だったものが、残念ながら3連休ではなくなります。

これらの日程は夏休みシーズンに絡んでもくる日程なので、旅行など予定を入れている人は早めに確認してください。

それにしても、スポーツの日を10月11日(月)から7月23日に移動するというのは、ちょっと強引な気がしますよね(笑)。

広告

まとめ

なんだかオリンピックに振り回されている感じですね。

移動した日はそれぞれ、オリンピックの開会前日、開会日、閉会日ですから、国民を休日にさせて、みんなにオリンピックをテレビで視聴するよう仕向けているのでしょうか。

スポーツの日はともかく、海の日も山の日もオリンピックとは本来関係がないのに…。

なんだかなぁ。

参考になったらシェアしてくださいね!