2021年の十五夜(中秋の名月)はいつ?なぜお月見をするの?何をする?風習・団子について

毎年日付の異なる十五夜。2021年の十五夜(中秋の名月)はいつなの? なぜ十五夜にお月見をするのか、お月見はもともと何をする日なのか、お団子には何が入っているのか、そんな十五夜にまつわる疑問にお答えします。

十五夜とは?2021年はいつ?

十五夜とは、一年で一番きれいに満月が見える日のことです。

当然、年により十五夜の日にちは変わります。

2021年の十五夜は、「9月21日(火)」になります。

月がいちばんきれいに見えるわけですから、せっかくだから月を観ましょう。

ということから、平安時代の貴族たちがの間で「観月の宴」が開かれるようになったそうです。

それが庶民にも伝わり、秋の収穫の時期と重なることから、収穫を感謝する「収穫祭」としての意味あいも含まれるようになりました。

十五夜は、秋の中ごろに見られるので、「中秋の名月」とも呼ばれます。

広告

お月見には何をする?

ところで、「お月見」では、どのようなことをする習わしがあるのでしょうか。

お月見では、団子やお餅、ススキ、里芋などをお供えし、お月様を眺めます。

お供えとは神様に捧げるものですから、そこには「感謝」の意が込められています。

収穫の時期なので、

沢山収穫でき、ありがとうございます。
また来年も、よろしくお願いします。

そういった意味が込められているわけですね。

感謝を示しながら、きれいな月を見上げ、仲間ととも喜び合う時間を持つ。

とても平和的で豊かな風習ですよね。

十三夜というのもある?

実は十五夜に似た風習として、十三夜というものもあります。

十三夜は、十五夜の次1年で月が美しい日のことです。

十五夜の二日前の日ではなく、十五夜を終えたおよそ一か月後くらいたった頃で、2021年は10月18日が十三夜となります。

十五夜だけを楽しむのを「片月見」といい、十三夜もきちんとお月見をしないと、「災いが起こる」なんて言うことも言われています。

感謝の気持ちを2度にわたって示すというよりも、お月見にかこつけて宴会がしたいだけのようにも思えますが(笑)。

というのも、飽きは収穫期により美味しいものがたくさん採れる時期でもあります。

なので採れる作物の名にちなんで、十五夜を「芋名月」、十三夜を「栗名月」といった呼び方もされます。

やはり楽しみがないと、やってられませんからね。

広告

お月見のお団子について

お月見と言えば「お団子」というイメージは強いですよね。

よく朱塗りのお盆に、ピラミッド状に高く積まれた白いお団子を見かけます。

あのお団子って、いったいどんなお団子なのでしょう?

お月見のお団子は満月に見立てられ、丸い形になっているそうです。

地域によって多少違いはあるようですが、餡子やいも餡が入っているのが一般的のようです。

お団子の伝統的なお供え方法は、台の上に15個の団子をうず高く盛りつけ、月のよく見える場所に配置します。

まとめ

十五夜の時期、日本では割と台風が多い時期と重なります。

それで、十五夜に月が見れないことも多く、そのため十三夜の習慣が生まれたとも言われています。

昨今では忙しく、日本の風習もどんどん忘れられがちです。

せっかく四季のある国に住んでいるわけですし、十五夜くらい少し静かに月を見上げ、ゆっくりとお団子でも食べて心の落ち着きを取り戻しませんか?

参考になったらシェアしてくださいね!