2021年の簡単な振り返りと2022年へ向かっての展望

もうすぐ2021年が終わります。

振り返ってみると、やはりコロナ一色の1年間ではありましたが、一昨年と比較して、後半は多少ですがコロナの事は忘れられた瞬間がありました。

感染者数が激減したこともそうですが、コロナ禍の中での楽しみ方を見つけられた人も多かったのではないでしょうか。

オンラインから対面への割合も変わってきたでしょうし、スポーツ観戦などの大規模イベントも入場制限が緩和されたこともよい兆しです。

そして何と言っても東京オリンピック。

開催直前まで、いろんな意見が錯綜しましたが、結果論で言えば「良かった」と言えるかもしれません。

残念なのは開会式も閉会式も、ちょっとコンセプトが分り辛かったこと。

マツケンサンバⅡ待望論が出たということは、やはり開会式や閉会式へのアンサーだと言えるのではないかと。

恐らく2022年もコロナ対策は続いていくことでしょう。

ニューノーマル(新常態)は、ニューノーマルではなく「当たり前」としながらも、まだ未知の変異株に備える日々となる気がします。

ワクチン接種も3回目が実施ということですが、ワクチンが打てない、あるいは打ちたくない人に対して、残念ながら感染してしまった場合は、非難や誹謗中傷するのではなく十分な治療薬と標準治療の確立が望まれます。

もくじ

2022年の展望

展望だなんて、偉そうな書き方をしましたが、これまで通り、

日常のニュースや話題、ノウハウや知恵袋的なネタ、日本全国の見どころなども独自目線で綴っていこうとブログを始めてみました。

という基本方針を忘れずに、楽しく自由な雰囲気で少しでも役立つコンテンツを公開して参ります。

2022年は、スポーツの大イベントが目白押しです。

2月に冬季の北京五輪が開催されます。

徐々に盛り上がっていくでしょう。

5月は福岡県で世界水泳、7月は陸上の世界選手権、9月にはアジア大会でeスポーツが正式種目として開催されます。

そしてトリは11月にカタールで開催されるFIFAサッカーワールドカップです。

さすがに中東の暑い国で真夏の実施は厳しいと判断されたのでしょう、初の冬季開催という記念すべき大会になります。

秋から冬にかけてに開催されるサッカーワールドカップは、ちょっと新鮮ですね。

甲子園も涼しい時期にできないのかな?

ああ、また過酷な夏がやってくると思うと、それだけでゲンナリします。

夏だけは大嫌いなのです・・・。

健康に気を付けて乗り切りましょうね!

それでは2021年、お世話になりました。

2022年もよろしくお願い致します。

ゆく年くる年が放送されているであろう時間帯に自宅の一室にて。

ゆく年くる年 – NHK

参考になったらシェアしてくださいね!