Webマーケティングにチャレンジするなら3C分析は学んでおこう!3Cの意味や内容を解説!

Webマーケティングは、今や企業が製品やサービスを市場に提供する際に、重要な役割を果たします。

市場の変化は一昔前と違ってスピードは早まり、競争も激化、さらには今後、AIによる人との協業も進みます。

これからWebマーケティングを活用する場合は、競合や市場を正確に把握し、自社の強みや弱点を理解することが不可欠です。

そのために役立つのが「3C分析」です。

この記事では、Webマーケティングに初めて関わる方向けに、3C分析の基本的な概念と手法を解説します。

3C分析とは何か?

Webマーケティングで欠かせない手法で、非常に有用なツールでもあるのが「3C分析」です。

3C分析は、

  • 顧客分析(Customers)
  • 競合分析(Competitors)
  • 自社分析(Company)

の3つの要素を分析し、相互の関係を理解するための手法になります。

3C分析の目的は、市場における競争力を向上させるためのインサイト、つまりデータから得た洞察など得ることです。

次章から、ひとつずつ要素を詳しく解説します。

広告

顧客分析(Customers)

製品やサービスを世に出すためには、顧客分析をはじめとした市場の需要を把握することが肝心です。

一般的に「顧客分析」といわれるフェーズですが、ターゲットとなる顧客のニーズ、行動パターン、購買意欲などを把握するための調査や研究が、この段階では行われます。

顧客分析の狙いとしては、以下のような情報を収集することになります。

  • 市場のセグメント
    参入する業界や市場をより具体的なグループに分け、戦うべきエリアでのマーケティング戦略を効果的に立案するための基盤を作る
  • 顧客のニーズと要求
    顧客が何を求めているのか、どのような問題を抱えているのかを理解し、製品やサービスの開発や改善に活かす
  • 購買パターンと行動
    顧客がどのような方法で製品やサービスを購入するのか、どのような影響を受けて購買意欲が高まるのかを把握し、販促活動や販売チャネルの最適化を図る

競合分析(Competitors)

競合分析は、競合他社の戦略、製品やサービスの特徴、マーケティング手法などを詳細に調査し、自社との比較や差別化ポイントを見つけ出すことを目的とします。

競合分析によって、以下のような情報を得ることが目的です。

  • 競合他社の戦略と目標
    競合他社のビジョンや目標、戦略を把握することで、自社の位置付けや競争上の優位性を確認する。
  • 競合他社の製品やサービス
    競合他社が提供する製品やサービスの特徴や利点を比較し、自社の製品やサービスの差別化ポイントを見つる
  • マーケティング戦略や手法
    競合他社のマーケティング活動や広告戦略、プロモーション方法などを分析し、自社のマーケティング戦略の改善や新たなアプローチの模索に活かす
広告

自社分析(Company)

自社分析は、自社の強みや弱点、リソース、能力などを評価するための分析です。

自社分析によって、以下のような情報を得ることを目的とします。

  • 自社の強みと競争優位性
    自社が持つ特徴やリソース、ブランド価値などの強みを明確化し、競争上の優位性を確立するための基盤を築く
  • 自社の弱点と課題
    自社が抱える問題や改善が必要な領域を特定し、それらに対処するための戦略を立案する
  • リソースと能力
    自社が利用できる人材、技術、財務などのリソースや能力を評価し、マーケティング戦略の実行可能性を判断する

まとめ

「Webマーケティングにチャレンジするなら3C分析は学んでおこう!3Cの意味や内容を解説!」というテーマで、3C分析について書きました。

3C分析はマーケティングの基礎として非常に重要です。

顧客のニーズや行動、競合他社の戦略や差別化ポイント、自社の強みや弱点を把握することで、戦略的に目的に対する計画や対策に立案し、競争力を高めることができます。

参照

3C分析 – Wikipedia

関連記事

WEBマーケティングにおけるデータ分析とアクセス解析は何が違う?分析と解析の言語から紐解く!

参考になったらシェアしてくださいね!