しゃちほこトピックス > 趣味娯楽 > アンビーのイヤホンを購入できる店舗や通販サイトの紹介 アンビーのイヤホンのメリット・デメリット

アンビーのイヤホンを購入できる店舗や通販サイトの紹介 アンビーのイヤホンのメリット・デメリット

「耳を塞がないイヤホン」として、アンビーのイヤホンが話題になっています。そこで、アンビーのイヤホンを購入できる店舗や通販サイトを紹介していきたいと思います。そのほか、アンビーのイヤホンのメリットやデメリットについても解説します。

アンビーのイヤホンを購入できる店舗

アンビーのイヤホンは、家電量販店でも購入可能です。

ヨドバシカメラやビックカメラのほぼ全店舗、ヤマダ電機、エディオンの一部店舗で取り扱いがあります。

また、セレクトショップのBEAMS(ビームス)や、蔦屋家電・蔦屋書店などでは、限定カラーも販売されています。

〈アンビーイヤホン 取扱店舗〉

ヨドバシカメラ
ビックカメラ
ヤマダ電機
エディオン
ビームス
蔦屋家電・蔦屋書店
e☆イヤホン

詳しい取扱店舗の住所などは、公式ページで確認できます。

アンビーイヤホンのホームページはこちら

アンビーのイヤホンを購入できる通販サイト

アンビーのイヤホンは、ambie公式オンラインショップでももちろん購入できますが、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングにもambie公式ショップが出店されています。

また、公式ショップでもBEAMS限定カラーや蔦屋家電別注カラーのイヤホンが購入可能です。

〈アンビーイヤホン 取扱通販サイト〉

ambieオンラインストア
amazon ambieストア
楽天市場 ambieストア
yahooショッピング ambieストア
Runtrip STORE

アンビーのイヤホンとは

ambieは、ソニーのオーディオやテレビなどの製品を開発するソニービデオ&サウンドプロダクツ(株)と、ベンチャーキャピタルのWiL, LLC.の共同出資によって誕生した会社です。

アンビーのイヤホンは「ながら聴き」に適した新たなデバイスとして開発されました。

そのためアンビーのイヤホンは、耳を塞がずに音楽再生やハンズフリー通話を楽しむことができ、周囲の環境音や人の声など外音を自然に取り込めるという特徴があります。

ただ、耳を塞がないイヤホンではありますが、骨伝導方式とは異なります。

続いて、アンビー イヤホンのメリットとデメリットについてお伝えします。

アンビーのイヤホンのメリット

アンビーのイヤホンのメリットは次のような点です。

  • 周囲の音を聞きつつ音楽も聴ける
  • 音楽再生中でも会話ができるため、イヤホンの付け外しの手間がない
  • 密着型のイヤホンより付けているストレスが少ない

長時間付けたままでもストレスが少なく、会話の度に外す必要もないので、家事や作業中などに使用するのに適しています。

音楽を聴きながら周囲の音も聞こえて、イヤホンがすぐに取れてしまう心配もないので、ジョギングやウォーキングなどで使用するのにもおすすめです。

アンビーのイヤホンのデメリット

つづいて、アンビーのイヤホンのデメリットについてです。

  • 低音が軽くなりがち
  • 周りの音を遮断して音楽を聴きたい時には向かない
  • BGMがかかっている場所だと音が混ざる

アンビー イヤホンは「ながら聴き」に特化したイヤホンなので、周りの音を遮断して音楽を聴きたい時や、カフェのようなBGMがかかっている場所で使用するのにはあまり適していません。

また、電車の中などで音量を上げすぎてしまうと、シャカシャカといった「音漏れ」による迷惑をかけてしまう恐れもありますので注意が必要です。

まとめ

アンビーのイヤホンを購入できる店舗は、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機、エディオンの家電量販店ほか、BEAMSや蔦屋家電などのセレクトショップがあります。

購入できる通販サイトは、楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなどの大手ショッピングモールに公式オンラインショップがあります。またランニングに特化したアイテムを販売する「Runtrip STORE」でも取り扱っています。

リアルの店舗では実際に体験することができます。公式オンラインショップでは取り扱いカラーが豊富なので、人とは違うアンビーイヤホンが手に入ります。

アンビーのイヤホンは、音楽を聴きながら周囲の音に注意を払うことも出来るので、アウトドアでも安心して使用できますね。

耳を塞がずに音楽が聴けるため、会話の度にイヤホンを外す手間もかからず、またついつい声が大きくなってしまうこともないので、長時間作業する場合などにも便利だと思いますよ。

参考になったらシェアしてくださいね!