アンガーマネジメントとは?アンガーマネジメントのやり方と怒りのメカニズム 怒りの解消方法について

アンガーマネジメントという言葉を聞いたことがありますか?アンガーマネジメントとは、怒りの感情を自分でコントロールすることです。生きていると腹の立つこと、不条理なことが起こります。そのときに怒りが湧くのは仕方がありませんが、その怒りをそのまま表すかどうかの選択は、失いたくありませんよね。そのためにも怒りのメカニズムを知り、怒りのコントロール法や解消方法を知っておきましょう。

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは、怒りの感情をコントロールすることです。

人は怒るとつい衝動的な言動を取ってしまいがちです。その言動が更なる問題を引き起こし、場合によっては取り返しのつかないことへと発展しかねません。

なので、怒りをコントロールする力は、コミュニケーションを円滑に保つためには、必要なスキルと言えるでしょう。

アンガーマネジメントは、元は犯罪者の更生プログラムとして用いられたものでした。

しかし、現在では多くの企業がこのアンガーマネジメントの研修を取り入れ、社内外でのコミュニケーションスキルの向上へと役立てています。

広告

アンガーマネジメントのやり方

怒りが湧いてきたときに、そのまま態度に表してしまわず、怒りを上手にコントロールするために、「アンガーマネジメント」を活用します。

つまり、アンガーマネジメントは、その人の性格というより、怒りを抑えるためのテクニックです。

怒りはどんなに激しくても、その感情のピークは長くて6秒程度なのだそうです。

つまり、この6秒間をなんとか耐え忍ぶことができれば、怒りの感情に身を任せた衝動的な行動を起こさずに済む確率が上がります。

なので、怒りを感じたら、とにかく6秒間じっと耐えてください。できれば、心のなかでゆっくりと10まで数えると、かなり怒りは収まり、感情に支配されずに済むことでしょう。

どうしても言動を抑えられそうになければ、黙ってその場を一度立ち去るのも有効な方法だと思います。

怒りのメカニズム 怒りはどこからやってくる?

人はどうして怒るのでしょうか。

怒りは一種の「自己防衛の感情」といわれています。

そもそも怒りの感情が湧き起こる前段階では、実は起こった出来事に対しショックを受け、「悲しい」感情を抱きます。

その悲しみの感情に対し、収まりきらないエネルギーを、怒りとして外に放出しているのです。

自分が怒ったときのことをよく思い出してみてください。

自分が想像していたこととは異なる出来事が起こり、そのことに対してショックを受け、悲しい気持ちが芽生えていませんでしたか?

そして、「そんなことが許されて良いわけがない!」という、起きたことに対するやり場のない否定の気持ちが、怒りの感情となって溢れてしまうわけです

泣きながら起こる人がいますが、それは怒りが悲しみを含んでいるからです。

広告

怒ったときに体の中で起こること

人は怒りを感じると、自律神経が乱れます。心拍数は上がり、血圧も上昇します。

その結果として、血行不良が起こり、細胞に栄養が行き届かなくなります。

すると、老廃物や疲労物質が体内に蓄積され、肌荒れや便秘、その他の体調不良が起きやすくなります。

怒りはマイナスの感情なので、精神的なストレスも貯まります。

その精神的ストレスを吐きだすためには、肉体的なストレスを与えることです。大きな声を出すとか、激しく動くといったことです。

具体的な例でいうと、カラオケに行って大きな声で歌いまくるとか、バッティングセンターでへとへとになるまでスイングするといったことは、怒りで蓄積されてストレス解消にはとても効果的なのです。

まとめ

怒りは溜め込みすぎず、ちょいちょい吐き出したほうが良いとも言われています。

だからといって、いつも人前で怒ってばかりいると、それはそれで問題でしょう。人からも敬遠されやすくもなりますし、怒りっぽい人というレッテルもはられてしまうので、それも不本意ですよね。

なので、小さな怒りを肉体的なストレス発散により、ちょいちょい消化していくことをおすすめします。

同僚と上司の愚痴を言いながら飲むということも、まんざら無駄な行為ではないということです。

参考になったらシェアしてくださいね!