理想の結婚相手は年収500万円以上という女子必見!年収500万の手取りって?

理想の結婚相手の年収に500万円以上を掲げる人が多いそうなのですが、実際年収500万円以上稼いでいる男性ってどれくらいいるのでしょうか。また年収500万の暮らしぶりってどんな感じなのでしょう。そんな理想と現実のギャップを埋めるべく、年収500万円のリアルと、実際はなんとかなるという話をお伝えしたいと思います。

理想の結婚相手の年収

よく理想の結婚相手の年収は?という質問に、最低年収500万円以上と答える人が多いようですが、実際年収500万円の手取りについてイメージってできますか。

決庫内手について聞かれる時点で、その女性は主に20代かと思われますが、そうなると相手の年齢も同年代か少し上の30代前半ということになるでしょう。

20代後半から30代前半の男性で、年収500万以上稼いでいる人って、どれくらいいるのでしょうね。

実は30~34歳の290万8000円、中央値が275万2000円です。

そして、生涯で最も年収が高い時期が50~54歳になるわけですが、この年齢の男性の平均年収が423万7000円、中央値が386万7000円です。

つまり年収500万円以上稼いでいる男性なんて、全年齢を含めても世の中にはほとんどいないのです。

そう考えると、理想の結婚相手の年収に500万円以上を希望するということが、どれだけ現実離れしているかが分かるかと思います。

早く目を覚まさないと、理想の王子様探しのラビリンスから抜け出せなくなってしまいます。

広告

年収500万円のリアル

では、年収500万円稼いでいる人の実際の手取りがどれくらいになるか見てみましょう。

給料というものは額面から社会保険や税金を引かれ、実際に自由に使える手取り額が残る仕組みになっています。

いくら稼いでいるかより、いくら手元に残るのかが大事なわけです。

で、年収500万円の場合ですが、もろもろ引かれた手取りは、ずばり390万円になります。

390万円を月に均すと325000円です。

家賃は月収の1/3いないと言われるので、家賃は10万程度になりまですね。

つまり、年収500万とはそういった現実感ということです。

ちなみに、最近では不安定な動向から、家賃は月収の1/4くらいにしておいた方がいいと言われています。

そうなると75000円。首都圏で家賃75000円だとどれくらいの部屋になるか、一度調べてみるといいと思います。

これが年収500万円のリアルです。

実際は何とかなるもの

30~34歳男性の平均年収が290万8000円、中央値が275万2000円、そして理想の年収500間年でも、実際の手取りは月32万5000円と聞くと、子供を育てるどころか、結婚生活だってどうなのかと不安になってきますよね。

でも安心してください。

実際は相手の年収が400万以下でも、お互いに協力する気持ちさえあれば、結婚し子供を2人くらい育てることは可能です。

それは私が実証済み(笑)。

子供が生まれると児童手当ももらえますし、扶養控除も発生するので、手取りがもう少し増えます。

もちろん、それだけでは厳しいので、奥さんとなるあなたも、扶養内で年間100万くらいは働く必要はあるでしょう。

多少金銭面では厳しくても、子供が欲しいと思うなら、覚悟を決めさえすれば何とかなります。

ただ、初めからシングルマザーでひとりで子供を育てようと思うなら、それはお勧めできません。相当厳しい現実が待ち受けることになります。

パートナーとよく考え、お互いに覚悟と協力の精神でもって力を合てやっと、大変ながらもなんとかなるものです。

広告

まとめ

未婚女性の相手に求める年収500万円以上って、実はあまり根拠がないように思います。

年収500万円のリアルを理化しておらず、自分の年収と比べてこれくらいあれば今より少しいい暮らしができるかもといった理想からの数字ではないかと。

これって男性が月100万稼ぎたい!というのと同じで、根拠のないイメージだけの数字なのでしょう。

なので、お見合いの希望欄に相手の年収を500万以上と書くのは、相手を見つけるのをあきらめたのと同意になるので、謙虚に300万くらいと書いておいた方が良い人と出会えるか確率は格段に上がると思います。

そんな数字的なものよりも、結婚にはお互いの協力する気持ちのすり合わせの方がよっぽど大事です。

恋愛なら協力できるかよりも相手が好きというだけで何とkなるかもしれません。しかし、結婚となると好きというだけでは難しく、お互いの信頼関係が大切になってきまます。

つまり、恋愛対象と結婚の相手は違うものなのです。

これはもちろ、女子目線だけでなく、男性も同様ですよ。

参考になったらシェアしてくださいね!