市販のCOVID-19抗原検査キットの反応で陽性とは?その後、何をする?【新型コロナウイルス】

市販のCOVID-19抗原検査キットを使用して検査した結果、「陽性」という反応が出た場合、今どういう状況なのか?その後何をすれば良いのかを説明します。また、様々販売されている新型コロナの検査キットの種類について、各検査の違いを解説します。検査キットも一般化してきましたので、一度ここで各検査の目的と内容について、知っておいてください。

COVID-19抗原検査キットの反応で陽性とは?

市販のCOVID-19抗原検査キットを使って検査してみたところ、「陽性」の反応が出た場合、それは既にコロナウィルスに感染しているということなのでしょうか。急に不安になってしまいますよね。

抗原検査で陽性反応が出ても、この段階ではまだ「COVID-19疑い」に過ぎません。

ただし、「COVID-19疑い」ということは、実際に感染しているかもしれませんので、医療機関にて医師によるPCR検査を受けてください。それにより、より正確な状況が把握できます。

医師によるPCR検査を受ける場合は、かかりつけ医に連絡するか、かかりつけ医がいない場合は、住んでいる地域の自治体の「新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口」に連絡しご相談ください。

また、抗体検査で陰性だからと言って、コロナに感染していないことを保証するわけではありません。実際に、「陰性」結果でも感染していたという事例はありますので、感染予防対策は継続して行うようにしてください。

広告

抗原検査とPCR検査の違い

コロナウイルスの検査にはいくつか種類がありますが、代表的な検査の1つにPCR検査というものがあります。

抗原検査とPCR検査とでは、一体どんな違いがあるのでしょうか。

抗原検査とは、ウイルスが持つ特有のタンパク質(抗原)が見つかるかどうかを検査するものです。

30分程度(検体採取場所だと10-15分程度)で結果が分かる、特殊な検査機器を必要としない、といったメリットがありますが、PCR検査と比べると検出率が劣ります。

すぐに結果を知りたい場合等に用いられることが多く、病院で行われるインフルエンザ検査もこの抗原検査です。

それに対しPCR検査は、ウイルスの遺伝子を採取し、専用の薬液で増幅させ検出できたかどうかを調べる検査方法です。

抗原検査よりも検出率は高いと言われています。

抗体検査とは

抗原検査とPCR検査に加え、「抗体検査」というものも耳にしますよね。

抗原検査やPCR検査が現在ウイルスに感染しているかを調べるのに対し、抗体検査は過去にそのウイルスに感染していたかどうかを調べる検査です。

過去にウイルスに感染した場合、血液中に特有のタンパク質(抗体)が形成されます。そのタンパク質の有無を調べるのです。

抗原検査やPCR検査が唾液や鼻の粘膜を採取して調べるのに対し、抗体検査は血液を採取して調べます。

抗体ができるまでには時間がかかるため、現在そのウイルスに感染しているかどうかの判断は、抗体検査ではできません。

また、過去にウイルスに感染した場合だけでなく、ワクチンを打つことによってできた抗体に対しても、「陽性」反応が出ます。

広告

新型コロナウイルスの検査キットによるトラブル

新型コロナウイルスの各検査は、目的により検査が異なります。何を調べたいのかをよく理解した上で、検査キットを選択してください。

よくある新型コロナウイルス感染症の検査キットにおけるトラブルについて、国民生活センターが啓発資料を提示しています。一度目を通しておくと良いでしょう。

新型コロナウイルス感染症の検査キットでのトラブルについて(国民生活センター)

まとめ

今回は抗体検査の陽性反応後の行動についてと、複数ある新型コロナウイルス感染症の検査についてご紹介しました。

新型コロナウイルスの感染も縮小してきたと思いきや、またオミクロン株といいう新たな種類のウイルスが、日本でも徐々に見られ始めています。

油断をすると一気にまた感染拡大してしまうのが新型コロナの特徴です。正しく検査キットなどを使いながら、状況を判断しつつ、感染防止対策だけはきちんと行うようにしましょう。

ワクチンを打ったから大丈夫、抗体検査で「陽性」だったからもうかからない、といったことは全くありません。

検査キットの結果も鵜呑みにすることなく、体調が優れない場合や、気になる場合は、医療機関にてきちんと検査してもらうことをおすすめします。

参考になったらシェアしてくださいね!