災害時の安否確認の方法とは?通話集中など直接の連絡が難しいときに頼れるサービスを挙げてみる

※広告

まだ被害状況が明らかになっていない能登半島地震。

良いニュースが出てくるとは思えないほど、重苦しい印象です。

とは言え、誰しもが危機的な状況に立たされるリスクは、地震大国日本では、想像に難くありません。

また、友人知人が被災という可能性もあります。

災害時には、一般的に電話やメール、SNSなどを利用して連絡を取り合うことが多いはずです。

しかし、大規模な災害の場合、通信回線の混雑はもちろん、停電でインターネットが使えなくなることも充分に考えられます。

そのような状況においては、いくつかの安否確認の方法を知っておけば、少しは不安を解消することもできます。

今回は、改めて知っておきたい、安否確認の方法です。

災害用伝言ダイヤル171

NTTが提供するサービスで、自分の電話番号をキーとして音声メッセージを録音・再生できます。

家族や友人が自分の電話番号をダイヤルすると、録音したメッセージを聞くことができます。

暗証番号を利用すれば、家族間だけの伝言も可能です。

1伝言あたり30秒以内となっており、原則としては20伝言まで。

ちなみに171という番号の由来は「いない(171)」から。

まさかのポケベル的なゴロ合わせ・・・。

覚えやすいという点では、抜群の効果を発揮する感じがします。

広告

災害用伝言板(web171)

前述の災害用伝言ダイヤル171は、電話(音声)によるサービスです。

別途、インターネットを利用した被災地での安否情報確認手段として、文字情報としての「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」が、提供されています。

災害用伝言板サービス

携帯電話のキャリアが提供するサービスで、インターネットで文字メッセージを登録・確認できます。

家族や友人が自分の電話番号を入力すると、登録したメッセージを見ることができます。

キャリアによってはアプリ版を提供している場合もあるので、インストールしておくと良いです。

1番号あたり10件までの登録で、古い情報から上書きされていくことになります。

広告

LINE安否確認

LINEが提供するサービスで、LINEの友だちに安否を知らせたり、知ることができます。

災害時には、LINEのトーク画面に安否確認のボタンが表示されます。

ちなみに「Yahoo!防災速報」と連携することで、地域の災害情報をLINEトークで受け取れます。

避難情報」「地震情報」「津波予報」「気象警報」をはじめ、9つの速報が届くので、意外に便利です。

遠くに住む家族、旅行中の友人知人の居場所なども含めて、国内3地点まで登録できます。

控えたいこと

災害時には、

  • 連絡と情報
  • 物資援助
  • ボランティア

の3つが緊急課題となります。

とは言え、全国から被災地に向けて、一気に押し寄せると混乱に拍車がかかります。

ジッとしていられない人もいるでしょうが、そこは冷静に判断することが何より。

言い方は悪いですが、アナタひとりが慌てても事態は好転することはない、ということです。

連絡を100回したところで、状況はスグに変わりません。

物資については、個人が大至急という目的で送ったところで、物流網は乱れていますし、何より受け入れる体制ができていないことが多く、逆に迷惑ということが明らかになっています。

その辺、想像力を掻き立てれば理解できることですが、それが出来ない人が騒ぐこともあって、マイナスでしかありません。

やり過ぎはダメです。

ボランティア精神

そもそもボランティアは、国内では「奉仕活動」と受け止められていますし、そのような認識が広く伝わっています。

ゆえに「ボランティア」を盾に、傍若無人な振る舞いをする「モンスターボランティア」が、かつての震災時にはいたとされます。

一方で、ボランティアという言葉を強調するあまり、「きれいごと」のように感じて嫌悪する人もいるわけです。

ボランティアと称される奉仕活動については、本来「チャリティー」が適切な言葉。

なぜならば、ボランティアの語源は、かつての古代ローマ帝国が奴隷解放制度導入にあたって、志願した奴隷たちのことを指したものです。

つまりは義勇兵、志願兵、奴隷兵の意味が起源であることから、まったくもってズレている用い方だと筆者は感じています。

これから被災地に向かうことになるであろう、復興ボランティアの方のほとんどは、穢れなき気持ちで、労働力の提供をするわけです。

が、一部の勘違いな人については、どうにかならないものかと危惧する次第です。

カメラ片手にワーワー言うだけの人いそう。

まとめ

「災害時の安否確認の方法とは?通話集中など直接の連絡が難しいときに頼れるサービスを挙げてみる」というテーマで、安否確認手段について書きました。

できれば、お世話にならない方がよいサービスではありますが、あれば心強いものです。

知っていても使えないのは、まだ救いがあります。

使い方を知ればよいわけですから。

ただ、知らないというのは、さすがに気まずいのではないかと。

参照

緊急時に役立つLINEの使い方|LINEみんなの使い方ガイド

【NTT西日本】災害用伝言板(web171)の災害の備え・対策サイト

関連記事

地震に備えて準備するものリストを考えてみた!またもや東北を襲った激震を教訓に

参考になったらシェアしてくださいね!