誤嚥性肺炎は治るのか?嚥下と誤嚥との関係、誤嚥性肺炎の原因や症状、予防策等について

肺炎はありふれた病気で、抗生剤や抗ウイルス薬などの治療薬は日本中どこでも手に入ります。それでも肺炎は死亡原因の5本の指に入る病気です。肺炎で亡くなる方の多くは高齢者。誤嚥により引き起こされる誤嚥性肺炎が原因となっています。その誤嚥性肺炎とは、治る病気なのか、また誤嚥性肺炎を疑うべき症状や、誤嚥性肺炎の予防策などについて説明します。

誤嚥性肺炎とは

食べ物・飲み物・唾液などを飲み込むことを「嚥下(えんげ)」といいます。

例えば水を飲み込むとき、水は食道へ送られますが、嚥下機能が低下すると一部が気管に入ってしまいます。これが誤嚥(ごえん)です。

健康な人であればむせて咳と一緒に吐き出し、肺に入るのを防げるのですが、高齢になると咳反射が低下してしまい、誤嚥が起こるのです。

誤嚥性肺炎とは、主に口の中の細菌が誤嚥により肺に入り込むことで発症する肺炎です。誤嚥しやすかったり、誤嚥しても吐き出せないために起こるわけです

そのため、誤嚥性肺炎は高齢者や脳梗塞の後遺症がある方、パーキンソン病などの自律神経に疾患を抱えている方が、発症しやすい疾患とのなります。

広告

誤嚥性肺炎の症状

誤嚥性肺炎の典型的な症状としては、激しく咳込む・高熱が出る・濃い色の痰が出る・呼吸が苦しいなどが挙げられます。

ただ、高齢者の場合はこれらの症状が現れにくく、静かに肺炎が進行していることもあります。

普段より元気がない・ぼんやりしている・食欲がない・食事時間が長くなった・食後に疲れてぐったりする、といった肺炎と無関係と思えるような症状だけが現れるため、なかなか気付けず、よく調べると肺炎であったというともあります。

これらの症状がある場合は、ひょっとして肺炎が起きているかもしれないと思い、注意してみてください。

誤嚥性肺炎は治るのか

誤嚥性肺炎は治るのかということですが、治すことは可能なようです。

ただし、誤嚥性肺炎を起こす根本的な原因を治すことが難しいため、結局は再び誤嚥性肺炎を繰り返してしまうことになるようです。

誤嚥から誤嚥性肺炎に発展させない予防策としては、以下の3つの方法がります。できることからしっかり取り組み、肺炎のリスクを低下させることが大切です。

広告

誤嚥性肺炎の予防策 その1「口腔内を清潔に保つ」

誤嚥性肺炎の予防策として、まずは口腔内を清潔に保つことです

誤嚥は食べ物の一部が肺に入るだけではなく、口の中の雑菌が肺の中に流れ込んでしまうことにより、肺の中で炎症が起こります。

そのため、寝たきりで自分で歯を磨けない人は、特に誤嚥性肺炎を繰り返してしまいます。

夜は口腔内の菌が繁殖しやすくなるので、寝る前は入念にケアするようにしましょう。

誤嚥性肺炎の予防策 その2「誤嚥そのものを減らす工夫をする」

誤嚥性肺炎に発展させないために、誤嚥そのものを減らす工夫として以下のようなものが挙げられます。

食べる時の姿勢や角度に気をつける

体や顔が傾かないよう、寝ている時にクッションやタオルなどを使って支えましょう。

食形態を工夫する

「サラサラした液体・まとまりにくい食品・パサパサした食品・粘りの強い食品」などは、飲み込みにくい食品です。

誤嚥を避けるためには、「やわらかい・まとまりやすい・ベタつかない」をクリアした、飲み込みやすいテクスチャーになるように工夫しましょう。

交互嚥下を取り入れる

交互嚥下(こうごえんげ)とは、食事と嚥下サポート用のゼリーなどを交互に摂取することです。のどに残る残留物をゼリーが洗い流してくれるので、誤嚥を防ぐ効果があります。

誤嚥性肺炎の予防策 その3「体力をつける」

誤嚥したとしても、力強い咳で吐き出す力があったり、細菌感染に対抗する体力・免疫力があれば、肺炎のリスクを低下させることができます。

体力をつけるための工夫として、

・深い呼吸を意識する:深呼吸などをして胸を広げる運動を取り入れ、呼吸筋を使うよう意識
・栄養をしっかり補給する:少しの量で効率的に栄養が補給できる、少量✕高栄養の食品を摂る
・水分を補給する:ゼリー飲料はとろみをつける手間がなく使いやすい

等が挙げられます。

まとめ

誤嚥性肺炎は治すことのできる病気ですが、再発を防ぐことが肝心です。

誤嚥自体を少なくするか、誤嚥をしても肺炎にならないような対策をしない限り、再び誤嚥性肺炎を繰り返してしまうからです。

誤嚥性肺炎の予防策として、インフルエンザと肺炎球菌の予防接種を受けておくことも効果的なようです。

肺炎を予防することで、少しでも健康寿命を延ばせるように予防策に取り組んでいきたいところです。

そのためにも日々の体力づくりを、しっかりと行うようにしましょう。

参考になったらシェアしてくださいね!