ベビーベッドのそいねーる口コミではどう?添い寝タイプのおすすめは?

ベビーベッドのそいねーるの口コミってどうなの? その他の添い寝タイプのベビーベッドでおすすめはどれ? そうした赤ちゃんを持たれた家庭のベッド選びについてご紹介します。自分のライフスタイルに合ったベビーベッドはどのようなものかを考える際のヒントにしてみてください。

では、そいねーるの口コミも様々な声がありました。よい口コミもあれば悪い口コミもあります。ではそれらの口コミを見ていきましょう。

人気のベビーベッド「そいねーる」の良い口コミ

赤ちゃんが生まれたら購入するものの一つとして、ベビーベッドというものがありますよね。

赤ちゃんが安心して眠れるよう、また、寝返りを打ってベッドから落ちないよう、四方に柵が付いているものです。

ベビーベッドにも様々なメーカーのものあるのですが、なかでも大和屋の「そいねーる(soinel)」という商品が人気です。

では、その人気の秘密とも言える利用者の口コミを見てみましょう。

  • 部屋が狭くてベビーベッドは置けないとあきらめていたが、置くことができた。
  • もともとある大人用の大きなベッドを処分せず、ベビーベッドを並べて使用することができたので助かった。
  • 自分も横になった状態で寝かしつけたり授乳することができるのでがとても楽ちん。
  • 夜寝ているときにも、赤ちゃんにすぐ手が届く。

概ね、口コミを見ると、部屋の大きさや家具の買い替えなどを気にせず導入できたことや、赤ちゃんにリーチしやすいという安心感からの満足が多いようです。

その他にも実際に使った人の口コミの多くは、「満足している」「買って良かった」というものが多いようです。

広告

ベビーベッド「そいねーる」の悪い口コミ

では反対に、悪い口コミも見てみましょう

  • 身長を考えると4歳くらいまでしか使用できないのではないかと思う。
  • 固定するベッドと反対側の策が開かないのがちょっと不便。
  • 大人用のベッドとの固定が少し難しい。家具が動くと隙間もできる。
  • 横幅が狭すぎるのでベビーベッド単体で使用するのには向いていない。

自分にとってのベストなベビーベッドとは?

利用者の口コミはとても参考になりますが、その口コミ内容が誰にでも当てはまるものではありません。

利用者の環境や価値観によって、メリットにもデメリットにもなりえます。

なので、口コミを参考にする場合は、自分の場合はどうなのかという点を考慮に入れて参考にする必要があります。

そいねーるは小さいとの声がありますが、これは親の寝るベッドとくっつけて使用する目的から、幅を広くせずとも問題ないという認識からだと思います。

逆に、狭小住宅では場所を取らずに済むが故に、邪魔になり杭にので長く使えるというメリットの部分も同時にあるわけです。

これは各々の住まいの環境により、どちらとも取れるかもしれませんね。

また、レンタルなどで使用された方は、以前のモデルのそいねーるの感想も混じっているようです。

というのも、そいねーるが短く、4歳くらいまでしか使えないと感じた方もいました。が、在販売されているそいねーるは「そいねーるⅢ」という商品になっており、長さが130センチあります。

なので、6歳児の平均身長が116センチ前後ですので、平均的な身長であれば長さ130センチの現在のそいねーるは十分に使用に耐えうると思われます。

そいねーるは添い寝を全手に作られているので、そいねーるをベビーベッド単体として使用する場合、まだ寝返りも打たない小さなころはいいのですが、寝返りを打ち出すとちょっと狭い感じがしますね。

ベッド同士の隙間が空いてしまうのは、物理的になかなか難しい問題です。

解決方法としましては、ベッド間に薄いベッドマットなどを敷くことで隙間ができにくくしたり、

また、そいねーるは軽いので、大人のベッドに比べれば動きやすいでしょう。なので、そいねーるを壁側に寄せて、壁と大人のベッドではさむように設置すれば、ベッド間の隙間もできずらいかと思います。

広告

そいねーるの特徴

そいねーるを作っているのは、愛知県安城市三河安城にある大和屋というところです。

大和屋の作る「そいねーる」は、高さが21段階に変えることができ、ベッドだけでなく、床に布団敷いて寝る家庭でも添い寝ができるように工夫されている点が特徴的です。

また、赤ちゃんの時にしか使わないベビーベッドは、利用期間が短いものという概念を変えるべく、子供の成長と共に少しでも長く使えるように、6歳くらいまでは使えるように考えて作られています。

高さのあるベッドの横に配した際も、ベッド簡に隙間ができぬようサポートベルトで固定できます。

また固定した状態のままでも、柵が取り外しできるように、使い勝手も良く考えられています。

一人目から二人目と、出産に伴いライフスタイルが変わり、ベッドから布団へ、また布団からベッドへなどと、寝具が変わってもそいねーるなら簡単に高さを変え、ライフスタイルに合わせることができるので、無駄になることなく安心して長く使えるのがうれしいですね。

その他の添い寝タイプのベビーベッドの紹介

ベッドを選ぶ際には安全基準をクリアした証であるPSC・SG検査に合格した製品を選ぶことをおすすめします。

やはり赤ちゃんが寝るためのものですから、安心した作りのものを使用しましょう。

ちなみに、そいねーるもPSC・SG検査に合格した製品です。

では、そいねーる以外の添い寝タイプのベッドを紹介します。

  • ベビーベッド プチベリー(澤田工業)
  • ファルスカ ベッドサイドベッド(farska)
  • 添い寝ミニベッド ナチュラル(カトージ)

添い寝タイプのベビーベッドは、多くが95センチ幅程度のものが多く、伸張機能はありません。

ファルスカのベビーベッドに関しては、125センチと横幅が長めなので、そいねーるの130センチにも近く、子供の成長と共に他のベビーベッドよりは長い期間使えそうです。

ただ、高さの調節が9段階なので、そいねーるの21段階と比べると、細かな高さ調整委は対応できないようです。

価格はそいねーるの3300円(税込)は価格の中心体といった感じで、プチベリーやファルスカは5000円程度安く、カトージの添い寝ミニベッドは1万円程度高いです。

まとめ

以上、ベビーベッドの「そいねーる」にいて、口コミや特徴などを見てきました。

また、その他の添い寝タイプのベビーベッドについてもお伝えしました。

ベビーベッドは添い寝体ぴ外にもいろいろなものも出ています。

どのようなスタイルで赤ちゃんと接するかにより、ベッド選びも変わってくるかと思いますので、まずは部屋の状況やライフスタイルなどを考えて、ベビーベッド選びをしてみてください。

赤ちゃんが元気にすくすくと育ちますように。

参考になったらシェアしてくださいね!