口臭が気になりだしたらチェックすること 口臭の種類や原因と対処法 定期検診のすすめ

自分の口臭が気になるという人が増えているそうです。もしも自分の口臭が気になりだしたら、口臭の原因を知り、対処しましょう。口臭の原因の9割は口の中にあると言われています。口臭の元を根絶するには歯の定期検診がおすすめです。

自分の口臭が気になりだして

マスク生活が続き、自分の口臭が気になりだしている人が増えているようです。

普段生活をしていて、他人の口臭は感じやすいものの、自分自身の口臭が臭いとはなかなか気づきにくいものです。

しかしマスクをしていると、吐息が外の漏れにくいのと、喉の内側から鼻腔に伝わった匂いとの両方から、自分の口臭に気づ着やすい状況にあるのだとか。

いずれにせよ、普段自分が気づくことのないこの口臭が、自分の知らぬところで他人に気づかれている可能性はあったというわけですから、これはなんとかする必要がありそうで。

広告

口臭の種類

口臭と一言で言っても、様々な種類に分類されます。

その種類は、大きく次の5つに分類されます。

  • 生理的口臭
  • 飲食物・嗜好品による口臭
  • 病気による口臭
  • ストレスによる口臭
  • 心理的口臭

生理的口臭とは、起床した直後にある口臭のことです。これと同じことが空腹時、緊張時にも起こります。

これは唾液の分泌が減少した状態が一定時間あった時に、口の中の細菌が増殖し、口臭の原因となる揮発性硫黄化合物を作理出すことが原因です。なので、ある意味仕方のないことであり、誰にでも起こる生理現象で、再び唾液の量が増えれば口臭はすぐに収まります。

それとは別に、女性が生理の時など起こるホルモンバランスの変化による生理的口臭もあります。

飲食物・嗜好品による口臭は、飲食物特有の匂いが発するものです。ニンニクやネギなどを食べたり、お酒やタバコなど嗜好品を摂ることで、一時的な口臭が発生します。

これは時間の経過に伴い、消える口臭です。

口臭の原因

体になにか疾患を抱えている場合、それが特有の口臭を生む場合があります。

ほとんどの口臭の原因は口の中にあり、次のようなものがあげられます。

  • 歯周病
  • むし歯
  • 歯垢・歯石
  • 舌苔
  • 唾液の減少
  • 入れ歯

また、その他に、

  • 鼻の病気
  • 喉の病気
  • 呼吸器系の病気
  • 消化器系の病気
  • 糖尿病
  • 肝臓疾患

などがあるばあい、口臭が発生する場合があります。

広告

病気による口臭について

放っておくと消える口臭なら良いのですが、問題なのは病気による口臭です。

口臭の原因となる病気を突き止め、健康のためにもしかるべき対処を取る必要があります。

まずは歯科にて歯の定期検診を受ける習慣を持ちましょう。1年に一度の定期検診をおすすめします。

そこで、歯周病や虫歯、歯垢・歯石などがあるばあいは治療や除去をしてもらいましょう。これだけでかなりの口臭改善に繋がります。

また、プラスチックの人工歯を使っている場合や金属の被せものなど、かつて治療した歯も経年の変化により腐食などを起こすと臭いの原因となります。これらも相談して適切な処置を受けることをおすすめします。

現在は歯科技術も進歩しており、以前の材質よりも見た目も強度もしっかりした素材などがあります。良いチャンスと捉え、歯のメンテナンスの機会としてください。

その他、副鼻腔炎や咽頭炎、喉頭炎などの鼻や喉の病気の場合、血液や膿が口の中に貯まることで口臭を発生することがあります。

舌癌や頬粘膜癌なの口の中の癌や、呼吸器系・消化器系の病気も口臭発生を起こします。

これらの病気を治療することで、自然と口臭は収まりますので、まずはもととなる病気の治療に専念するべきです。

まとめ

近年、虫歯菌がアルツハイマーを引き起こす元になっている、という研究発表もありました。

普段から歯の定期検診科を受けていない方は、口臭も問題ですが、それ以上の将来的リスクを抱えかねないことも意識すべきでしょう。

しばらく定期検診を受けていなくとも、一旦受けてそこで虫歯などを治療してしまえば、翌年はほぼ歯石などのクリーニングで済みます。

また、正しい歯の磨き方なども教えてもらうことで、歯に対する意識も高まり、それが口臭予防にも繋がります。

体調不良などの時に舌の表面を覆う白っぽいもの(舌苔)も、歯垢と同じ細菌なので口臭の原因となります。歯とともに舌も少し磨く習慣をつければ、さらに口臭とは縁がなくなるでしょう。

参考になったらシェアしてくださいね!