しゃちほこトピックス > 雑学豆知識 > バリウム便が便器や排水管に残って流れない・こびりついたときの対処方法と予防法・注意点など

バリウム便が便器や排水管に残って流れない・こびりついたときの対処方法と予防法・注意点など

 

健康診断の際に、胃の検査などで飲むバリウム。トイレに流そうと思ったら、流れない…!そんな経験はありませんか?どうしてバリウムはトイレで流れずに排水管の底に残ったり、こびりついたりしてしまうのでしょうか。また、バリウムが流れないときの対処方法や注意点、予防方法などについてもお伝えします。

バリウムがトイレで流れない理由

バリウム後の便は、なぜトイレで流れにくいのでしょうか。

それはバリウムの成分が「硫酸バリウム」という金属でできており、水の約3.5倍もの重さがあるからです。

そのため、バリウム後の便は通常の人間の排泄物よりもはるかに重く、便器の底に沈んでしまうのです。

また、バリウムは冷えると固まる性質があります。加えて粘着性も高いため、便器の底に付着しなかなか流れなくなってしまうわけです。

最近のトイレは少量の水で効率よく流せる節水型トイレが普及しています。この節水型の仕組みが仇となり、バリウムを流すための勢いや水量が足りない、というのもバリウム後の便が流れにくい要因の1つとなっています。

ここからは、バリウムが便器に付着して流れない時の対処方法について紹介していきます。

便器に付着したバリウム後の便をぬるま湯を使って流す方法

便器にバリウム便がしつこく残ってしまったときは、ぬるま湯が有効です。

まず、40~50℃のお湯をやかんやバケツ一杯分用意します。その水をバリウムの付着した部分に向け流し込みます。

便器の水が濁ってきたらバリウムが溶けてきている証拠なので、濁りがなくなるまでお湯を流し続けてください。

このときの注意点として、沸騰したお湯を使うと陶器製の便器にヒビが入る危険性があります。なので50℃以上の熱湯は絶対に使わないようにしましょう。

割り箸やブラシを使ってバリウム便を取り除く方法

大きなバリウム便の塊が便器に付着した場合、割り箸を使ってこそげ落とすと、取り除くのがわりと簡単にできる場合があります。

便器を傷つけないように注意しながら、割り箸で少しずバリウム便をほぐし、剥がしていきましょう。

細かい塊が残った場合はトイレ専用の柔らかめのブラシでこすります。

このときの注意点として、トイレブラシの代わりに金属製のタワシや固いブラシなどは使わないこと。便器に傷がついてしまいます。

陶器でできた便器本体に傷をつけてしまうと、傷跡に汚れが溜まりやすくなったり、水漏れの原因となりますので、ご注意ください。

酸性洗剤を使ってバリウム便を取り除く方法

酸性洗剤を使ってバリウム便を溶かし、流す方法もあります。

トイレの洗浄剤は塩素系漂白剤・酸性洗剤・中性洗剤の3種類がありますが、そのなかの「酸性洗剤」を使用します。

その際は一度に大量に洗剤を掛けず、少量ずつかけることがコツです。洗剤を掛けた後、トイレブラシでこすると簡単に落ちる場合があります。

お湯や割り箸を使ってある程度取り除いた後に、酸性洗剤を使用するコンビネーションがおすすめです。

バリウム便の付着を防ぐ方法

ここまでバリウム便がトイレに溜まったり付着したりして流れない際の対処法をご紹介してきました。次はバリウム便自体が便器に付着しないよう、事前に防ぐ方法をご紹介します。

水を多めに飲む

バリウムを飲んだ後に水を多めに飲んでおくと、便のなかのバリウムが薄まるので、翌日バリウム便が流れないというトイレトラブルを回避できる可能性が上がります。

完全に残留や付着を防ぐことはできませんが、水分を積極的にとることで多少は緩和されます。

トイレットペーパーを敷く

便器内にトイレットペーパーを敷いて排泄することで、便器への付着を防ぐことができます。

さらに排泄後にも便の上にトイレットペーパーを被せ、そのうえで流すことで、便器や排水管へのこびりきを抑えることができます。

使い捨てトイレを使う

とっておきの方法としては、緊急や災害時用の使い捨てトイレを利用し、そのまま廃棄する方法です。

逆転の発想ですが、これならバリウム便がトイレに付着するトラブルを完全に防ぐ事ができます。

この機会に災害時のときのための使い捨てトイレを一度使ってみるという意味でもおすすめです。

使用後の使い捨てトイレは、自治体により処分方法が異なります。事前に確認のうえ、使用してください。

まとめ

バリウムは「硫酸バリウム」という金属でできているため、水よりも重いため流れにくいのですね。

さらに、冷えると固まる性質や、高い粘着性もあり、便器の底に付着して流れずらくなります。

バリウムが排水管や便器にこびりついてしまった場合は、ぬるま湯や割りばし、酸性洗剤などを利用して、対処することができます。

ただ、どうしても流せない場合は、トイレのつまりなどに対応している排水業者や水道業者に依頼しましょう。

事前に流れやすくするための対処法も活用してみてください。

参考になったらシェアしてくださいね!