ブラックフライデーを日本で最初に実施したのは?そもそもどういう意味?お得なセール情報も少し!

いやー、今朝の新聞広告の大半は、各店舗でのブラックフライデーによるセール情報となっていました。

  • パソコンショップ
  • アパレル
  • ピザ屋
  • ファストフード
  • ショッピングモール
  • 家電量販店
  • ディスカウントストア

さらには通販では楽天市場、Amazon、ヨドバシドットコムなどで、ブラックフライデーによる大規模なポイント還元を実施中です。

こうなったら波に乗るしかない!

ということでブラックフライデーについての雑学をチェックしてみました。

ブラックフライデーの由来

もともとは米国における、毎年11月第4木曜日の翌日の金曜日に実施される大規模セールの習慣です。

いわゆる11月の第4木曜日が感謝祭にあたり、休暇になる可能性が高い日となっています。

それゆえに感謝祭での売れ残りなどを一掃処分したい店側と、休暇ということでショッピングでも楽しもうという人との利害関係が一致している点からも、爆買いを生んでいるわけです。

日本ではトイザらスが発祥になっていまして、それからAmazonジャパンが追随していきました。

11月の第四木曜日なんて、日本では何のゆかりもありませんから、大体、勤労感謝の日をそれに見立ててスケジュールされることが多くなっています。

理由がはっきりしたのでスッキリと買い物を楽しんでください。

広告

11月は販売が伸びない時期だった

もともと年末商戦を翌月に控える11月というのは、大体、売上が伸びない時期なのです。

消費者は年末に照準を絞っていますし、ボーナスが出てから購入計画を立てますから、11月のブラックフライデーは新たな稼ぎ時として、今後もますますいろいろな業態が参入してくる可能性は高くなります。

つまり消費喚起の策としては、ある程度は有効なのですが、年末商戦のニーズを先食いしているだけという見方もできます。

ブラックフライデーを実行しながらも、年末のセールでは、さらにお得と思わせなければ、逆に年末商戦が空振りになるリスクもあるわけです。

消費者側にも、結果として迷せていることも否定できないことから、ブラックフライデーを実施しない事業者もあります。

ただし11月と年末では、消費者が購入したい考える対象品が違うことも考えられるため、顧客の購入データをもとにした戦略設計は避けられません。

年末商戦との棲み分け

ブラックフライデーと年末商戦を立て続けに企画している場合、売り物に違いはあるのでしょうか?

大抵の場合は、そんなに変わりはありません。

ポイント還元率も恐らく大きな変化は付けないでしょうが、

  • お年玉
  • 最後のチャンス
  • 新年
  • 在庫一掃

といったキーワードを押し出して購買意欲を高めてくるものと考えます。

ブラックフライデーでは温めておいたとっておきを出してくる、おまけが増えるといったことは年末商戦にはよくあることであり、セール自体の規模も拡大してくることでしょう。

ただデメリットとして、配送時期を自由に選べないケースがあることです。

年末年始は物流の稼働率が落ちてしまいますので、欲しい商品が希望する日に届かないことを承知した上で購入をおすすめします。

広告

Amazonは毎回デバイスがお得

Amazonでのブラックフライデーは、オリジナルのデバイスが半額ぐらいで売られるケースが続いています。

今回も「Fire TV Stick」が50%オフで2,000円台で購入可能です。

第三世代になってさらに処理能力がアップしており、第二世代を所有している人でも、この機会に買い替えることもムダではありません。

Amazonプライムに加入していれば、Fire TV Stickの購入によって、配信されている映画などがテレビで見放題となるので、非常にお得だと個人的には思います。

年間4,900円のAmazonプライムにデバイスを2,000円ちょっとで購入できて、それでいて映画見放題って、コスパはとんでもなく良いですよ。

映画だけでなくアニメも充実しています。

また「Echo Show 5」は、なんと60%以上の割引率となっていて、

「アレクサ電気消して!」

なんて言いたい人もチャンスです。

8,980円が2,980円って、まさに、たたき売りwww

まとめ

「ブラックフライデーを日本で最初に実施したのは?そもそもどういう意味?お得なセール情報も少し!」というテーマで、ブラックフライデーについて書きました。

今年になってブラックフライデーを実施する店がかなり増えたように思います。

少しだけコロナ禍も落ち着いている(第8波の心配はあるが)ことから、段々とサイフの紐も緩んでいるのかもしれません。

もちろん物価高によって、全体としての売上予測は見当が難しいでしょうが、一定の賑わいは見せるものと考えます。

参照

「ブラックフライデー」の検索結果 – Yahoo!検索

関連記事

iPhoneなどのスマートフォンや業務用として使うパソコンは中古じゃなく新品に近いアレがお得!

ケーズデンキの初売りが安くて割引クーポンも大盤振る舞いだが購入しない理由

参考になったらシェアしてくださいね!