体温測定アプリをAndroid限定3本紹介!心拍数で体温を計算する方法もある?

コロナ禍をきっかけに体調管理が習慣化したという声を聞きます。

実際に地域の小中学校では、毎朝の体温や体長を記録するチェックリストが配布され、登校時に持たせています。

いつまで続けるのかわかりませんが、人によっては体温測定は熱っぽいときだけという概念が覆った可能性もあります。

現在も体温が37.5度を超える場合は外出を控えることが常識化してきているので、体調管理アプリをインストールする人も増えました。

今回は、たくさんある体調管理アプリの中から、条件を絞ってAndroid限定で3つを選び出したいと思います。

さらには携帯で体温を測れるアプリも探してみました。

体温記録アプリ選定条件

体温を記録するアプリは、片っ端から調べるとキリがないので、条件を設定する必要があります。

検索について回る「絞り込み」を上手く活用できるかどうかが、アプリとの出会いを決めると言っても過言ではありません。

その条件ですが、今回はAndroidに限定して、

  • 無料である
  • 簡単でシンプルな操作
  • グラフ表示可能
  • 国産

を基本とします。

欲を言えば、

  • 体重と体脂肪を測定
  • 心拍数で体温計算

といった機能があれば言うことなしです。

広告

体温測定アプリ3選

選んだアプリが、こちらの3本です。

  1. からだログ
  2. らくらく体温管理
  3. 超じぶん管理「リズムケア」

ひとつずつ簡単に紹介します。

上記3つのアプリは、体温管理以外の機能が充実している点が決め手でした。

初めて使う場合は「からだログ」、常用している薬がある人は「らくらく体温管理」、何でも自分の健康に絡む情報を記録したい人は「リズムケア」がおすすめです。

からだログ

体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、体温、血圧、脈拍、酸素濃度、トレーニング量、消費カロリーをリストやグラフで見える化します。

からだログ – Google Play のアプリ

らくらく体温管理

体温の記録を折れ線グラフで表示、飲んだ薬と簡単なメモの記録、複数の人の体温を記録が可能なアプリです。

らくらく体温管理 – Google Play のアプリ

超じぶん管理「リズムケア」

体重、体脂肪率、血圧、睡眠時間、体温、お通じ、腹筋回数など、毎日の情報・出来事を自由に記録・管理する、自分専用カスタマイズ前提のアプリです。

超じぶん管理「リズムケア」 – Google Play のアプリ

心拍数で体温計算

心拍数(脈拍数)で体温計算なんてできるのか?

検索で見つけた計算式は、

推測される体温[℃] = 36.5 + (1分間の脈拍数 - 65) ÷ 10 × 0.55

というものでした。

参照:社畜さんに贈る、体温計なしに体温を知る方法 – 夜勤病棟の女神様(仮)

平時体温が36.5℃、脈拍が1分間に65回で安定している場合という条件が付くようですが、看護師さんの情報ですから、かなり信憑性が高い印象です。

自分の平時体温と脈拍数が正確にわかっているならば、代入すれば良いとも書かれています。

仮に脈拍数が1分間で80回とすると、上記の計算から導き出された体温は、約37.3℃となります。

微熱ですね・・・。

アプリも、おそらく何らかの計算式で、体温が導き出されているものと思います。

広告

まとめ

「体温測定アプリをAndroid限定3本紹介!心拍数で体温を計算する方法もある?
」というテーマで、Androidアプリと脈拍数から体温を導き出す計算式を紹介しました。

体調が悪くなってから、体温などの情報を得る時代は、もう終わっているのかもしれません。

これからは常時、健康情報を自ら取得して記録する時代になっていくのではないかと考えます。

そのデータを病院に提供すると、医師も判断しやすいかも?

参考になったらシェアしてくださいね!