感音性難聴に骨伝導イヤホンは効果ある?骨伝導イヤホンのメリット・デメリット 骨導音の仕組みなど

 

骨伝導を利用した「骨伝導イヤホン」というものがありますが、骨伝導とは何なのか、また、骨伝導イヤホンのメリットやデメリットについて解説していきます。骨伝導イヤホンは感音性難聴にも聞こえやすいのかどうかについても触れていきます。

音が聞こえるしくみと気導音

まずは音が聞こえる仕組みについてから説明します。

いつも私たちが聞いている音には、「気導音(きどうおん)」と「骨導音(こつどうおん)」の2種類があります。

気導音とは

振動が空気を伝わって届くのが「気導音」です。

人の声などの様々な音は、まわりの空気を振動させ、その振動が耳介によって集められます。

集められた振動は、外耳道⇒鼓膜⇒耳小骨⇒蝸牛の順に伝わり、蝸牛で振動が電気信号へと変換され、脳に伝わり音として認識されます。

骨導音とは

一方、振動が皮膚や骨を伝わって音として認識されるのが「骨導音」です。

骨導音は耳介や鼓膜を使わず、耳周辺の骨を振動させて蝸牛に振動が届きます。

皮膚や骨⇒蝸牛の順に振動が伝わり、電気信号へと変換され、音として認識されます。

音が聞こえるということは

気導音でも骨導音でも、蝸牛に適切な振動が届けば、音は聞こえるということです。

いつも私たちが聞いている自分の声は、気導音と骨導音がミックスされたものを聞いています。

録音した自分の声を聴いたときに違和感を覚えるのは、録音された声が気導音だけなので、骨導音が聞こえないからです。

同様に、耳を塞いだ時の自分の声が違って聞こえるのも、気導音があまり聞こえず、骨導音が大きな割合を占めるからです。

広告

骨伝導イヤホン・補聴器とは

骨伝導イヤホン・補聴器とは、骨伝導の仕組みを利用した装置です。そのため、皮膚に強く押し付けると、振動が骨まで届きやすくなり、蝸牛に届く音も大きくなります。

骨伝導補聴器には主にメガネ型・カチューシャ型・埋め込み型・軟骨伝導型の4種類があります。

メガネ型は、骨伝導補聴器でもっとも普及している型です。補聴器をつけていることが他者に気づかれにくく、メガネとしての機能も備えていますが、メガネが少し重くなるというデメリットもあります。

カチューシャ型は動き回っても外れにくいというメリットがある反面、本体が大きく目立ってしまうというデメリットがあります。

埋め込み型は、唯一手術が必要になるタイプです。頭蓋骨にチタン製の部品を埋め込むため音が聞きやすく、補聴器をつけていることがわからないといったメリットがあります。ただし、手術を受けるには規定もあり、誰もが行えるわけではありません。

軟骨伝導型は、外耳の軟骨部分に振動子を当てるタイプです。耳かけ型補聴器とほぼ同じ作りなので、目立ったり重かったりすることもありませんが、取り扱いがあまりありません。

骨伝導イヤホン・補聴器のメリット・デメリット

骨伝導イヤホン・補聴器の、メリット・デメリットについてお伝えします。

骨伝導イヤホン・補聴器のメリット

  • 耳栓をつけないため、周囲の音が入ってくる・自分の声が響かない
  • イヤホンが抜ける心配がない・耳の穴が小さくても使える
  • メガネ型の場合、補聴器であることが目立たない

骨伝導イヤホン・補聴器のデメリット

  • 締め付ける必要があるので、耳が痛くなる可能性がある
  • 位置がずれると聞こえにくい
  • 感音性難聴・高度な難聴には対応できない

これらのメリット・デメリットを理解した上で、一般的な補聴器か骨伝導補聴器かを検討すると良いでしょう。

広告

感音性難聴と骨伝導イヤホン

難聴には大きく分けて、「伝音性難聴」と「感音性難聴」の2種類があります。

伝音性難聴とは、外耳や中耳といった伝音器の障害が原因で発生する難聴のことです。骨導聴力は正常ですが気導聴力が低下している状態です。

感音性難聴とは、音を感じ取る内耳(蝸牛と有毛細胞)の障害が原因で発生する難聴のことです。骨導聴力と気導聴力が同じ程度低下している状態にあります。

一般的に感音性難聴は医学的な治療による改善は困難とされています。加齢とともに聴力が低下していくのは、この感音性難聴です。

骨伝導イヤホンは、直接内耳に音を届けることができるため、外耳や中耳の障害が原因となっている伝音性難聴に効果を発揮しますが、内耳以降の障害が原因となっている感音性難聴の場合には、大きな効果は期待できないといわれています。

つまり、老化により難聴気味となってしまった場合、骨伝導イヤホンを使ってもさほどよく聞こえないということになります。

反対に、難聴予防のために、耳を塞ぐタイプのイヤホンやヘッドホンの代わりに、骨伝導イヤホンを使うというのは「あり」といえるでしょう。

まとめ

骨伝導とは、鼓膜ではなく骨を通して音が聞こえる仕組みのことで、その仕組みを利用したのが骨伝導イヤホンなのですね。

骨伝導イヤホンは伝音性難聴には効果的ですが、感音性難聴のにはあまり活用できないようですので、加齢により耳が遠くなった場合に骨伝導イヤホンを使用してもあまり効果が期待できないといえます。

加えて、補聴器選びの際に関する注意点ですが、難聴の対策として使えるとされている製品の中には、安全性の審査を受けていない製品も数多くあるようです。

安全に補聴器を利用するためには、言語聴覚士が在籍する耳鼻科の補聴器外来や認定補聴器専門店に相談することをおすすめします。

参考になったらシェアしてくださいね!