映画「ボーンシリーズ」公開の順番やキャスト、女優など ジェイソン・ボーン続編はある?

映画「ボーンシリーズ」を観るなら知っておきたい公開された順番や、ジェイソン・ボーンをはじめとしたキャスト、女優について解説します。今後、続編は作られるのでしょうか?

映画「ボーン」シリーズとは

映画「ボーン」シリーズは、作家ロバート・ラドラム原作のベストセラー小説が映画化されたものです。

はじめは、1988年に『スナイパー/狙撃者』としてテレビ映画化。

2002年にはラドラムの代表作「ジェイソン・ボーン」三部作のうちの『暗殺者』が、マット・デイモン主演で『ボーン・アイデンティティー』というタイトルで映画化されました。

その後、「ボーン」シリーズとして続編映画が作られることになります。

映画「ボーン」シリーズは、心因性健忘に苦しむ架空の元CIA暗殺者ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が主役のスパイ映画です。

2. 映画「ボーンシリーズ」の順番について

映画「ボーンシリーズ」はこれまで全5作品が公開されています。

その公開の順番を年代共にご紹介しましょう。

『ボーン・アイデンティティー』(2002年)
『ボーン・スプレマシー』(2004年)
『ボーン・アルティメイタム』(2007年)
『ボーン・レガシー』 (2012年)
『ジェイソン・ボーン』(2016年)

映画「ボーンシリーズ」を観るのなら、この順番に観ることをおすすめします。

広告

ジェイソン・ボーンをはじめとするキャストや女優について

ここでは、映画「ボーン」シリーズ最初の作品である『ボーン・アイデンティティー』のキャストと気になる女優について紹介したいと思います。

『ボーン・アイデンティティー』
ジェイソン・ボーン:マット・デイモン
マリー・クルーツ:フランカ・ポテンテ
アレクサンダー・コンクリン:クリス・クーパー
ワード・アボット:ブライアン・コックス
ニクワナ・ワンボージィ:アドウェール・アキノエ=アグバエ
教授:クライヴ・オーウェン
ニコレット”ニッキー”・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ
ダニー・ゾーン:ガブリエル・マン

『ボーン・アイデンティティー』の主な登場人物は、この8人です。

ここに登場する女優は、フランカ・ポテンテとジュリア・スタイルズの2人。

主人公ジェイソンの恋人役のマリーを演じるフランカ・ポテンテは、映画『ラン・ローラ・ラン』で主演のローラを演じた女優です。

次作の『ボーン・スプレマシー』のも出演しています。

もう一人の女優はジュリア・スタイルズ。

後の「ボーン」シリーズにも登場します。

実は意外と作品に関係深い役回り?

「ボーン」シリーズ以外では、今のところあまり代表作と言えるのものもなさそうです。

続編のボーンシリーズ6はあるのか?

これまで「ボーン」シリーズは5作品が公開されてきましたが、シリーズ6作品目はあるのでしょうか?

これまでの5作品全てにわたり製作を担ってきたフランク・マーシャルは、「ボーン」シリーズ第6弾の製作について制作意欲を見せているようです。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、安全な製作方法を見つけて制作に入れるよう調整をしているとのこと。

どうやら状況が整えば、「ボーン」シリーズの6作品目もありそうですね。

広告

まとめ

「ボーン」シリーズも初登場の『ボーン・アイデンティティー』から20年近くが経っています。

6作目も作られるようですが、初登場から主演のマット・デイモンも20年が経つわけですが、アクションの激しい「ボーン」シリーズの演技は大丈夫なのでしょうか。

トム・クルーズの『ミッションインポッシブル』シリーズみたいに、この先も続くのでしょうか。

楽しみでもありますが、役者もなかなか大変そうですね。

参考になったらシェアしてくださいね!