自動車のエアコンが効きにくい時期は車載用扇風機で冷気循環!エアコン効率アップ

真夏の自動車、乗り込んで車内が快適になるまでの時間が地獄です。

オートエアコン搭載車は最大風量で冷房が働きますが、どんなにテクノロジーが発達したとしても瞬時に車内の温度を下げることはできません。

そのためには、いかに早く快適な車内にするための工夫が必要です。

ポイントは冷たい空気の循環ではないでしょうか。

そこで今回は、真夏の車内をいち早く適温にするための方法をいくつかご紹介します。

真夏の車内温度

JAFのデータによると、正午から1時間後の車内は40度を超えていました。

参照:車内温度/夏(JAFユーザーテスト)|JAF

車種や駐車している場所にもより多少のバラツキはあるとは思いますが、とても人間が耐えることのできない温度になることは間違いありません。

子どもが車内に置き去りになって亡くなってしまうというニュースは、夏になると必ず出ますが、本当に痛ましいことです。

絶対に防げるでしょ、そんな事故は!!

もはや令和の時代に「我慢で乗り切る」ことは、ほぼ無いと考えましょう。

意味のない我慢って美徳でも何でもないですよ。

広告

車内温度を最も早く下げる方法

JAFによる検証結果があります。

結論から言えば、5分間で車内温度は55度から28度に下がりました。

ポイントは、

  1. 窓を全開にする
  2. 車のエアコンを外気導入に設定
  3. 温度設定は最低にして走行
  4. 2分後に窓を閉める
  5. エアコンを内気循環に設定
  6. さらに3分間走行

になります。

つまり、これを真似れば短期間で車内温度を下げることが可能ということです。

参照:夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?(JAFユーザーテスト)|JAF

JAFの検証の落とし穴

5分間で大幅に車内温度を下げる方法を知ると、5分ほどの我慢で快適になります。

ところがJAFでの検証には、重要な落とし穴があるんです。

温度測定ポイントは運転席と助手席の中央で、乗員の顔の高さですから、後部座席は快適なのか、検証結果ではわからないんです。

ということで後部座席でも同様な快適さを得るには、もうひと工夫必要です。

チャイルドシートを後部座席に置いているならば、その方法を知りたいですよね。

そこで車載扇風機の登場となるわけです。

広告

車載用扇風機で後部座席も快適

運転席や助手席に車載用扇風機を取り付ければ、サーキュレーターの役目を果たして後部座席も素早く快適になります。

8人乗りなどの乗用車では特に重宝するのではないでしょうか。

車載用扇風機は、楽天市場で価格をチェックしてみると、安いもので2,000円前後です。

この程度の価格なら通販ではなく、ホームセンターやカー用品店で購入して、その場で取り付けた方が良いでしょうね。

車載用扇風機が無ければハンディ扇風機で代用もできます。

まとめ

自動車のエアコンが効きにくい時期は車載用扇風機で冷気循環がポイントです。

JAFの検証を参考にして、さらにアイテムで冷房を効率化させることで、短時間の送迎でも快適な温度で運転や乗車ができます。

5分以内の乗車って、結構、あると思いますので参考になれば幸いです。

参考になったらシェアしてくださいね!