口の上にニキビができる原因 胃腸機能の低下やホルモンバランスの乱れによる口の周囲のニキビについて

ニキビが口の上に突然できることってありますよね。なぜこんなところに?という感じです。中には治しても繰り返しでき、悩んでいる方もいるかもしれません。そんな口の上や周囲にできるニキビの原因や対策についてお伝えします。この原因には、皮脂などによる肌に原因があるというよりも、胃腸機能の低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが関係している可能性があります。

口の上にニキビができる原因

口の上や周囲、唇付近にニキビができることってありますよね。

この口の周辺にできるニキビの原因には、胃腸機能の低下・ストレス・睡眠不足・乾燥・刺激といった、さまざまな原因が考えられます。

なかでも胃腸機能の低下とストレスが原因となっている可能性が高いと考えられます。

また女性の場合だとホルモンバランスの乱れが、男性の場合は髭剃りなどによる刺激が原因となっていることも考えられます。

では、それぞれの原因について説明していきます。

広告

胃腸機能の低下

口の周りにできるニキビの原因の1つに、「胃腸機能の低下」があります。

揚げ物や根菜類などの消化の悪い食べ物を食べ過ぎたり、暴飲暴食をすると胃腸に負担がかかって胃腸は機能低下を起こします。

また、抗生剤や鎮痛剤など胃腸に負担をかける薬を服用した場合や、ストレスを抱えているときにも、胃腸の動きが鈍くなります。

口の周りのニキビの原因が胃腸機能の低下と考えられる場合は、食生活や薬の服用を見直すようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

口周りにできるニキビの原因に、男性ホルモンが関係していることがあります。

男性ホルモンの影響で皮脂分泌が増えたり角質が厚くなることで、毛穴にアクネ菌の餌となる皮脂が詰まり、ニキビができやすくなるのです。そのため、男性ホルモンが多い人は、総じてニキビができやすい傾向にあります。

女性の場合は、プロゲステロンが増えることでターンオーバーの乱れや皮脂分泌の活発化を招き、ニキビができやすくなります。

また、月経周期に応じてホルモンバランスが変化するため、生理前に口周りのニキビが繰り返しできるという方は、ホルモンバランスが影響していると考えてよいでしょう。

広告

ストレスによるもの

口周りのニキビがストレスが原因となっていることもあります。

これも結局はホルモンバランスと関係してくるのですが、ストレスが溜まると自律神経の乱れからホルモンバランスが狂ってきます。

そのため、男女ともにホルモンバランスが崩れると、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなります。

日頃からストレスをためすぎないよう、適度な運動や、趣味を楽しむなど、心身のリフレッシュを図るようにしましょう。

また、ストレスの原因が何かを突き止め、ストレスの影響を受けにくくする対策を取ることも有効です。

刺激によるもの

口周りの皮膚に刺激を与えると、その部分の皮膚が傷ついたり乾燥しやすくなったりして、ニキビができることがあります。

口周りの産毛やひげをカミソリで剃る際には、皮膚を傷つけないように気をつけましょう。

カミソリによる刺激を軽減するためには、清潔で切れ味の良いカミソリを使うことです。使い捨てのカミソリの場合、何度か使用すると切れ味が落ちるため、何度も同じ箇所を剃ることになり、それが原因で肌を痛めてしまいます。

またカミソリを使った後は、うすくメンタムなどを塗り、その後で化粧水やクリームなどでしっかりと保湿をし、肌のケアをすることをお忘れなく。

また、クレンジングや洗顔の際にゴシゴシとこすって洗うと、皮膚は乾燥しやすくなります。できるだけ刺激を与えないよう、やさしく洗いましょう。

洗顔の際に、ニキビが発生しにくい成分で作られたノンコメドジェニックテスト済みや敏感肌用のクレンジング剤を選ぶのもおすすめです。

まとめ

口の上など口周りのニキビは、胃腸機能の低下、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなど、身体の不調のサインかもしれません。そんなニキビができたときは、少し自分の生活を見直してみる機会と捉えてみてください。

口周りのニキビを予防するには、暴飲暴食を避ける、適度な運動でストレスを発散する、しっかりと睡眠をとるなど、食生活や生活習慣を見直すことが大切です。

また、肌にあまり刺激を与えないように気をつけ、お風呂上がりや洗顔後にはしっかりと保湿するようにしましょう。

口周りにできるニキビは再発しやすく、治りにくいという特徴があります。ニキビの原因を突き止め、早めの治療をおすすめします。

参考になったらシェアしてくださいね!