梅雨時期に起こる体調不良の症状 「湿気体質(水毒)」のための体調不良対策・改善方法について

※広告

梅雨時期に起こる体調不良の症状について。「湿気体質(水毒・水滞)」の方は、雨の日や梅雨時期になると体調不良を起こしやすくなります。そんな湿気体質(水毒・水滞)の対策や改善方法について解説します。自身の体質を知り、梅雨時期の体調不良から体を守りましょう。

梅雨時期に生じる主な体調不良

梅雨時期に生じるとされる主な体調不良には、次のようなものがあります。

  • 身体が重い・だるい
  • 頭が重い・痛い
  • めまいがする
  • 身体がむくむ
  • 食欲がない
  • 軟便(下痢気味)
  • 関節が動かしにくい・関節痛
広告

梅雨時期に体調不良が起こる原因

梅雨時期に体調不良が起こるのは、主に湿気が原因です。

湿気が多いと身体に余分な水分が溜まり、その水がはけないことで体調不良を起こします。

これは主に体質に左右されるものですが、湿気により体調が崩れる人を「湿気体質(水滞・水毒)」と呼びます。

湿気体質(水滞・水毒)の人のための体調不良対策

湿気体質(水滞・水毒)の人が起こしやすい体調不良対策についてお伝えします。

湿気体質(水滞・水毒)の人が雨の日や梅雨時期に体調不良を起こしやすいのは、自律神経の調整が上手くできないためです。

雨の日や梅雨時期は気圧が変化しやすいのですが、この気圧変化に対し自律神経が敏感に反応してしまうため、交感神経の働きが優位となってしまいます。

交感神経が優位になると、血圧が上昇し、胃腸の働きが弱くなり、呼吸が浅くなります。

すると、身体が重い・だるいといった倦怠感や頭痛、めまいなど、梅雨時期に生じるとされる主な体調不良の症状が現れるのです。

また、気分が落ち着かないためにストレスも溜まり、イライラや気分の落ち込み、不安感などといった精神的不調も現れてきます。

言う慣れば、これらは全て繋がって生じているわけです。

広告

湿気体質(水滞・水毒)の改善方法

湿気体質(水滞・水毒)は、普段の生活の中で意識して行動することで、改善することができます。

主に、

  • 自律神経のバランスを整える
  • 体温調節に気を配る
  • 栄養バランスのいい食事を摂る

の3点が重要となります。

自律神経のバランスを整える

自律神経のバランスを整えるために、次のことを日課としましょう。

  • 朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びる
  • 雨の日や曇りの日でも、カーテンは開けて部屋のなかを明るくする
  • 毎朝朝食を摂る
  • 軽めの運動習慣を持つ(ウォーキングやストレッチなど)
  • お風呂はぬるめのお湯にゆっくりとつかる
  • 睡眠はしっかり取る

体温調節に気を配る

湿気体質の人は体に水が溜まりやすいので温度変化に敏感です。そのため、マメな体温調節を行うようにします。

  • 職場や通勤中など、環境に合わせて体温調節ができるよう、カーディガンやストールを携帯する
  • レイヤード(重ね着)スタイルで、温度に合わせて衣類の調整をしやすくする
  • 就寝時もタオルケットや毛布などの重ねで寒さ調節をする

栄養バランスのいい食事を摂る

湿気体質の人はエネルギー不足を起こさないために、バランスの取れた食事を摂る必要があります。

  • 1日3食をできるだけ決まった時間に腹8分目を目安にきちんと食べる
  • 体調を崩さないように食品が傷みやすい梅雨時期は特に、なるべく加熱調理をしたものを食べる
  • 疲れないために、タンパク質(魚・鶏肉・大豆・乳製品など)を中心に、ビタミンやミネラルなどもバランスよく摂るようにする

まとめ

湿気体質は水毒や水滞と呼ばれ、水はけの悪い体質とされています。

そのため、湿気の多い梅雨時や雨の日などは、顔や手足がむくんだり、身体の冷え、倦怠感など、主に自律神経の不調による体調不良が生じやすくなります。

湿気体質の人の特徴として、起床時の体温が低めで、お腹(臍の下あたり)が冷たい人が多いようです。

睡眠時間が短く、デスクワーク中心で運動不足だと、更に症状が重くなっていきます。十分な睡眠と適度な運動習慣を持つようにしましょう。

また、食事もタンパク質をしっかりと摂り、ミネラルとビタミンも意識した栄養バランスの良い食事を意識的に摂るようにし、エネルギー不足が起きないように注意してください。

参考になったらシェアしてくださいね!