電気とガスを楽天電気と楽天ガスに変えてみた 楽天カードで支払った場合のお得感や手続きについて

電気とガスを楽天電気と楽天ガスに変えてみました。どれくらい年間でお得になったか、また楽天カードで支払った場合はさらにどれくらいポイントが付与されるか、手続き方法なども含めて丸っとご紹介します。

電気代とガス代を少しでも安くしたい!

最近じわじわと電気代やガス代が高くなってきており、何とかしたいなと思っていたのですが、重い腰を上げ、少しでも安くなるよう他の会社への乗り換えを検討し始めました。

驚くほど安くはならないだろうと、あまり期待はしていなかったのですが、月に1000円でも安くなれば御の字です。それでも、チリも積もればなんとやらですからね。

そいうわけで、ポイントの付加も期待して、楽天電気と楽天ガスに乗り換えてみました。

広告

楽天電気と楽天ガスに変えてみたら

今回、東京電力から楽天電気に、東京ガスから楽天ガスに変えてみました。

乗り換えるにあたり、我が家の月々の使用量から、どれくらい安くなるかをシミュレーションしてみました。

電気とガスをまとめて料金シミュレーション

その結果、電気代の方が年間で1万円ちょっと安くなることが分かりました。しかしガスの方は、全く料金は変わらずでした。

しかし、これはあくまでも料金部分についてです。

ここに楽天ポイントが加算されます。

電気のみだと200円につき1ポイントが、電気+ガスだと、それぞれ100円につき1ポイントが付与されます。

なので、今回は電気とガスのセットで乗り換えなので、我が家の場合だと、年間に2000ポイント強の楽天ポイントが付与されます。

それに加えて…。

さらに楽天カード支払いに設定

さらに楽天カード支払いに設定してみました。

そうすることで、楽天カード使用によるポイントが、年間で2000ポイント強付与されます。

つまり、ポイント関係で年間4500ポイント程度貯まるということです。

ここに初回のみ5000ポイントのボーナスがもらえました。合わせて9500ポイントくらいです。

というわけで、初回のボーナスポイントを除いたとして、毎年15000円程度安くなるというイメージです。つまり月に1200円ほどの値下げができたわけですね。

広告

変更の手続きについて

実際に手付きをしてみてわかったことですが、結論から言うととても簡単でした。

電気とガス合わせて、乗り換えの手続きにかかった時間は30分もかからなかったと思います。

全てウェブ上で行いました。

乗り換えの流れ

切り替え時に家に訪問され立ち合うことも必要なく、こちらから契約前の電力会社やガス会社に解約の連絡をする必要もありません。

こんなにも簡単に切り替えられるなら、もっと早くやればよかったです。

まとめ

一番心配していたのが、何か電気やガスのトラブルが起きたとき、すぐに対処してもらえるのだろうかということです。

しかし、楽天電気や楽天ガスと契約をしていても、トラブル対応はこれまで通り地域の会社が担当してくれるとのことです。となるともう、何も心配することはありません。

この先、物価の上昇が予想されますが、給料アップはすぐには期待できませんから、支出ばかりが増える時期が来ることも予想されています。

この機会に、スマホなどの通信費や電気・ガス代などの光熱費を見直して、ランニングコストを少しでも抑える工夫をぜひしてみてください。

参考になったらシェアしてくださいね!