チャットワーク(Chatwork)のビデオ通話とZoomのミーティングの違いをレポート

本日、初めてチャットワークのビデオ通話を試してみました。

Zoomでのミーティングを主に利用していたので、チャットワークのビデオ通話はどういった感じなのかを知りたかったのです。

幸い、先方さんがチャットワークのビデオ通話での打ち合わせを希望していたので、渡りに船と乗りかかったもの。

しかもお互いが初体験ということで、途中、グダグダになったらZoomに切り替えるという条件の下でのスタートとなりました。

結果は、チャットワークのビデオ通話のみで、無事に打ち合わせを終えることができました。

その際に、Zoomとの違いなどを個人的な意見としてシェアしたいと思います。

チャットワークのビデオ通話の概要

チャッワークというツールについては、ここではあえて詳細は述べません。

公式サイト等でサービス内容や使い方など、ご覧いただければと思います。

これまでチャットワークでは、テキストでのメッセージが主な利用法でした。

今回はビデオ通話を体験できたことで、改めてZoomを立ち上げることはなくなります。

ビデオ通話の立ち上げは簡単です。

チャットワーク PC版

チャットワーク PC版

たったこれだけで、ビデオ通話が可能になります。

画像はパソコン版を用いたものですが、スマホアプリでは、こちらです。

チャットワーク アプリ

チャットワーク アプリ

広告

Zoomとの違い

Zoomと比較してチャットワークのビデオ通話は、

  • 若干解消度が低い印象
  • 背景が変えられない
  • 音声等のブツ切れはない
  • 通話開始までが早い
  • 画面共有も簡単

という印象でした。

つまりマンツーマンでのミーティングが主体なら、チャットワークのフリープランで構わないという結論です。

チャッワーク内でグループを作っていれば、複数人でのビデオ通話は可能ですが、有料プランでも14名までと上限が少ないことがデメリットです。

上限を超えてしまうと、ビデオ通話から音声通話に移行するので、比較的少人数のグループならば、チャットワークでのビデオ通話で足りる気がします。

Zoomのプランのおさらい

Zoomの場合、無料プランでマンツーマンだと無制限に通話可能ですが、3人以上だと40分という制限があります。

有料プランでは、会議参加が可能な最大数は、

  • プロプラン:100人
  • ビジネスプラン:300人
  • エンタープライズプラン:500人

となります。

大規模なウェビナーを開催することがある場合や複数人での40分以上のミーティングが多い場合は、Zoomの有料プランが最適です。

チャットワークとZoomを使い分けられると柔軟に対応はできます。

広告

LINEはミーティングに向かない?

個人的な意見ではありますが、LINEだと仕事の打ち合わせには使いにくい印象です。

LINEミーティングを使えば、

  • グループ作成不要
  • 友だちでない人もURLを通して招待可能
  • YouTubeの参加者同時視聴
  • 背景変更可能
  • 顔エフェクト利用可能

など自由度が高いのですが、実はまだ未体験なので食わず嫌いの可能性は否定できません。

まとめ

「チャットワーク(Chatwork)のビデオ通話とZoomのミーティングの違いをレポート」というテーマで、チャットワークとZoomについての体験談を交えた簡単な比較をしてみました。

それぞれに無料版では制限があるため、個人事業主やフリーランスは、うまく使いまわせば事足りるはずです。

企業内では、さすがに無料版は無理があるため、有料プランの導入が必須ではなかろうかと考えます。

個人で使用する分には、チャットワークでもZoomでも、無料版で差支えないケースは多いというのが結論です。

参照

ビデオ通話をする – ヘルプ | Chatwork

参考になったらシェアしてくださいね!