クラウドサインを初めて使ったよ!メリットだらけで煩わしくない点がステキ!

とある契約がらみで初めて電子契約サービスであるクラウドサインを利用しました。

クラウドサインについては後述しますが、簡単に言えばクラウド上で契約書の取り交わしができるサービスです。

初めて利用するものに対しては、少なくとも警戒心や失敗したらどうしよう的な感情が沸くものですが、はっきり言えば拍子抜け。

これまでの契約書の取り交わしが何だったのだろうというぐらいでした。

そこで今回は、電子契約やサービスについてシェアしたいと思います。

電子契約サービスとは

紙ベースの契約の取り交わしをクラウド上で可能にしたサービスです。

契約書の電子データに電子署名を行う、あるいは目視確認などで合意とみなされるようになっています。

契約については書面での対面による取り交わし、あるいは郵送による取り交わしが一般的です。

IT化が進んでいるとはいえ、今でも不動産の賃貸あるいは売買契約、ビジネス上の業務委託契約などは書面での取り交わしも少なくありません。

ましてや定期建物賃貸借契約、定期借地契約などは、書面以外での契約が許されていないのが現状です。

しかし電子契約が可能な場合は、

  • 脱ハンコ
  • 脱署名

が実現し、クラウド上で保管されるため紛失・盗難を防ぐことができます。

その他にも多くのメリットがあるため大幅に効率化が果たされます。

広告

電子契約サービスのメリット

電子契約あるいはサービスを利用するメリットは、

  1. 業務効率化
  2. コスト削減
  3. リスク回避

の3つに集約されます。

書面での契約の取り交わしは、契約書作成(正・副)のために印刷と製本、場合によっては郵送、さらには印紙を貼るといった準備に手間がかかります。

さらに双方が数か所に自筆署名および押印という作業が発生しますが、電子契約サービスを用いると、一切の作業が無くなるわけです。

書面を準備するコストも削減できますし、場所を問わずインターネット環境があれば、短時間で契約合意可能というスピートアップも魅力。

紛失や盗難などのリスクも回避できるとあって、利用しない手はありません。

電子契約サービスのデメリット

デメリットは電子契約サービスの利用料の負担です。

ただし高額ではないので、書面での取り交わしにおけるコスト負担を考えると、デメリットとは言い切れない部分があります。

企業によっては電子契約を嫌がる役員もいるかもしれません。

つまりハンコを押す、署名することに意義を見出している時代遅れの感性が、社内にまん延していると導入は難しいでしょう。

稟議することに重要性を見出している社風であれば、もはや実現の可能性はゼロに近いかもしれません。

これは取引先にも言えます。

最も大きな懸念材料はサイバー攻撃です。

電子契約サービスを運営している企業にとっては、それこそサイバー攻撃によるサービスの停止などは信頼性の問題に関わってくるため、セキュリティに関しては万全を期しているとは思いますが・・・。

広告

おすすめ電子契約サービス

あくまでも個人的な目線でのおすすめ電子契約サービスを紹介しますが、ずばり「クラウドサイン」一択です。

しかし、それでは面白くないので、次点として「電子印鑑GMOサイン」を挙げておきます。

クラウドサイン

今回、クラウドサインを利用したのですが、相手側からメールで契約書の確認依頼が届くのですが、クリックして確認するだけなのです。

クラウドサイン 確認メール

確認する側は、なんとクラウドサインのアカウントを取らなくても良くて、これには感動しましたね。

どうせ登録を促されるのだろうと思っていたのですが、この煩わしさが無いのがありがたかったです。

クラウドサインの運営元は弁護士ドットコム株式会社ですから、まあ、契約書に関しては、これ以上の番人は無いわけです。

さすが国内シェアトップというところでしょう。

クラウドサイン | 国内シェアNo.1の電子契約サービス

弁護士ドットコム株式会社

電子印鑑GMOサイン

次点の「電子印鑑GMOサイン」の運営元は、GMOインターネット株式会社です。

実は2020年に実施された「無駄ハンコ 実態調査」に参加して、2年間の無償アカウントを頂いたことがありまて、それで挙げました(汗)

すでに先月で無償提供は切れたのですが、その太っ腹なことだけではなく、このツイートにドキューンとハートを撃ちぬかれたからです。

「脱ハンコ」の急先鋒としての熊谷会長が「いいね!」なわけです。

電子契約なら電子印鑑GMOサイン|導入企業数No.1【140万社】

GMOインターネット株式会社

まとめ

「クラウドサインを初めて使ったよ!メリットだらけで煩わしくない点がステキ!」というテーマで電子契約サービスについて書きました。

脱ハンコ、脱署名、いいじゃないですか!

学校から送られる書類にも、やけに保護者の自筆とハンコを求めることが多くて辟易します。

特に部活動の大会への参加承諾書とか、このご時世、そういった書類が増えてまして、その都度、ハンコと自筆署名が面倒くさいったらありゃしない。

ハンコはシャチハタですけどね。

契約書ではないですから、いちいちハンコ押しますけど、サインがあるからいいじゃないって話。

参考になったらシェアしてくださいね!