【D.LEAGUE】世界初のダンスのプロリーグが日本に存在した!所属のダンスチームは?

あまりフューチャーされてないようですが世界初のプロダンスリーグである「D.LEAGUE」が、初めてのシーズンを終えました。

つまり初代チャンピオンが決まったわけです。

ところが新聞のスポーツ欄などでは発表がありません。

ダンス人口は増えているので将来は「D.LEAGUEのダンサーになる」というチビッコも増えると良いなと思います。

ドラフト会議とかあれば、ダンサーとしての生きる道が広がります。

そこで今回はD.LEAGUEについて紹介したいと思います。

D.LEAGUEとは

日本発の世界的にも珍しいダンスのプロリーグです。

参戦しているチーム数は9つ。

チーム構成は、

  • REGULAR DANCER:チーム所属の固定メンバー
  • SP DANCER:チームに招待されている期間限定メンバー
  • DIRECTOR:チームの獲得兼ダンサー(1人)

となっていて、試合は各チーム8名を選出して行われます。

8名の中には、SP DANCERやDIRECTORが入っても構いません。

広告

リーグ戦の流れ

リーグ戦は1年間を通して行われます。

  • REGULAR SEASON
  • CHAMPIONSHIP
  • AWARD

3つのパートに大別されます。

REGULAR SEASONはプロ野球で言えばペナントレースをイメージすると良いでしょう。

全12ラウンド、各ラウンドは9個のSHOWで更生されていて、いわゆる総当たりの様相です。

上位4チームがCHAMPIONSHIP(プレーオフのイメージ)に進みます。

CHAMPIONSHIPはトーナメントで負ければ終わりという過酷なもの。

勝てば大逆転のチャンスです。

AWARDはシーズンを振り返るイベントで選手の表彰も行われます。

今シーズンは、1.10-6.21がREGULAR SEASONでした。

長丁場です。

選手(Dリーガー)の体力、半端じゃないですね。

D.LEAGUEの視聴方法

残念ながら地上波では視聴することができません。

以下の8つの視聴方法から選ぶことになります。

  1. D.LEAGUE公式アプリ
  2. ABEMA
  3. GYAO!
  4. スポーツナビ
  5. ニコニコ
  6. U-NEXT
  7. Dance Channel
  8. 5G LAB(AR.VR.FRを体験するアプリ)

全ての視聴は無料です。

ただし視聴の条件については、各プラットフォームの説明をよく読まれるようにしてください。

アカウントの登録を求められたりすることもあると思います。

広告

まとめ

コロナ禍で東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンのダンサーは、踊る場を無くしてしまっています。

収束すれば、すばらしいパフォーマンスを見れると思いますが、D.LEAGUEのように少しでもダンサーが求められる環境が増えると良いですね。

学校でダンスは必修科目になってから、ダンス教室も人が増えています。

D.LEAGUEの2シーズン目に注目です。

参考:D.LEAGUE(Dリーグ)

参考になったらシェアしてくださいね!