なんだか常にダルいのは自律神経の乱れが原因かも?自分自身で体調不良から脱却する簡単な方法

なんとなく疲れが取れない、ダルい、やる気が出ないのは、ひょっとして自律神経の乱れのせいかもしれません。自律神経の乱れを整え、どことなく体調が不良な状態から脱却する方法をご紹介します。

なんとなくダルいのは自律神経が乱れているからかも

自律神経が乱れると、様々な体調不良を引き起こします。

新型コロナウイルスの流行以降、生活様式が変わり、これまでの当たり前とはだいぶ様子が変わってきました。

決して良い方に変わったのではなく、やはりあらゆる点でストレスとなることも増え、このことにより私たちの生活はよりストレスを感じながら日々の生活を送っています。

そんな毎日が続くなか、体がダルい、やる気が出ない、疲れが取れないといったどことなく体調不良な感じを抱いて人も少なくないでしょう。

かくいう私も常にダルさが付きまとい、いまひとつやる気の出ない状態が続き、どことなく体調不良に悩まされています。

そのどことなく体調不良の原因は、「自律神経」の乱れにあるのではないかと思いはじめています。

自律神経は、私たちが意識的に行っているのではなく、体が自然と機能するようにできています。

例えば、心臓の動きや胃腸の動き、体温調整、呼吸、血圧、嚥下、唾液の分泌など、私たちは意識して動かしていませんよね。

これらは自律神経が自動的に行ってくれているのです。

しかし、自律神経が乱れてくると、これらの自然に行われる生命にとっての大事な動きに支障が出てきます。

そして自律神経によるバランスが崩れてしまうと、体はもちろん心にまで不調をきたしてしまうのです。

広告

どうして自律神経が乱れてしまうのか?

自律神経が乱れてしまう主な要因は、不規則な生活です。

毎日の就寝時間と起床時間がまちまちだったり、睡眠不足にばらつきがあったりといった、不規則な生活を続けていると、体が上手くリズムが取れなくなり、状況に適した反応ができなくなってしまうのです。

また、不安や怒りに常にさらされ、精神的にネガティブな状態が続くと、そのストレスからも自律神経は乱れ始めます。

まさに今のコロナ禍の状態は、未来に対しても感染に関しても常に不安感を抱いて生活をしていますから、ストレスが徐々に溜まってきて、自律神経に乱れが生じてきている人が増えてきているわけです。

なので、この自律神経の乱れを整えるために、何か日々できることを自ら行い、整えていく必要があるのです。

自分自身で自律神経を整える方法

自律神経は、交感神経と副交感神経の2種類からなり、この両方もしくは片方だけが優位な状態になると、体調不良になるようです。

ストレスフルな状態では交感神経が優位になり、それに加えて加齢とともに副交感神経の働きが落ちるため、現在のような状況下だと、年配の方は特に自律神経が乱れやすい状態にあるといえます。

そこで、自分自身で自律神経を整える方法をいくつかご紹介しますので、できそうなことからぜひ試してみてください。

・寝る前、朝起きたときに、1杯の白湯を飲む。
・規則正しい睡眠を心がける。睡眠時間は意識的に長めに取る。起床時間を変えずに、寝不足時は昼寝で調整。
・息苦しく感じたら、息を吐く方に集中する(息は吐けば自然と吸い込めるようになり、やがて落ち着いてきます)
・時々ぼーっと遠くの景色を眺める。5分程度でいいので。夜に星を見上げるのもおすすめ。
・ストレッチをして、全身を伸ばす。
・自然の中に身を置く。自然からのパワーをもらうと悩みが消える。
・不安に思っていることを紙に書き出す。書き出してみると、意外と少なかったり大したことないことに客観的に気づけて不安が減る。
・1駅前で降りて、ゆっくりと歩きながら家に帰る。あえて通ったことのない路地裏などを通ってみることをおすすめ。
・やらなくちゃいけないリストを減らす。優先順位を決め、全部やらないことにする。

どうですか、できそうなことがいくつもあるのではないでしょうか。

ここで紹介したものを一度にすべてやる必要はありません。できることから取り入れてみてください。

広告

まとめ

コロナ禍が続くのは個人ではどうしようもありませんが、そこから受ける影響を少しでも減らすことは個人でもできると思います。

ストレスを貯めないための体を動かす方法、考え方・見方など、ちょっとした知識と行動とで、コロナ禍のストレスは緩和できます。

ここで紹介した方法を日々の生活に取り入れ、自律神経の乱れからくる体調不良を少しでも取り除き、ものごとの明るい面をなるべく探しながら共に頑張っていきましょう。

参考になったらシェアしてくださいね!