NHK朝ドラ カムカムエヴリバディのキャストや主題歌、あらすじなど モデルは誰?【ネタバレあり】

NHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』が始まります。気になるキャストや主題歌、モデルは誰なのかといったあらすじなどについてもご紹介。ネタバレありますので、ご注意ください。

カムカムエヴリバディのあらすじとモデルについて【ネタバレあり】

2021年11月1日よりNHKの朝ドラは『おかえりモネ』に続いて『カムカムエヴリバディ』が放送開始となります。

NHK「連続テレビ小説」としては第105作目となる『カムカムエヴリバディ』。京都、岡山、大阪が舞台となります。

昭和から令和の3つの時代を超え、ラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの約一世紀に渡る家族の物語だそう。心温かくも面白おかしいハートフルコメディとなっているようです。

あらすじ

安子(祖母)、るい(母)、ひなた(娘)の三世代の女性たちが紡ぐ、およそ一世紀にわたる物語。そしてこの3人の傍らには、いつもラジオの英語講座がありました。

親子3人は、それぞれ昭和・平成・令和の時代を超え、さまざまな試練を乗り越えながら、恋に仕事に結婚にと、自分らしい生き方を模索していきます。

祖母の安子は1925(大正14)年に日本でラジオ放送が始まった日に岡山市内の和菓子屋で生まれました。ラジオの英語講座と出会うも、太平洋戦争などの試練が待ち構えながらも、和菓子と野球とをテーマに物語は進みます。

次いで、安子の娘であるるいは、ジャズが盛んとなる昭和30年代の大阪を、更にるいの娘のひなたは、時代劇が盛り上がる昭和40年代の京都を舞台に、ヒロインが親子3代でバトンタッチしながら、ラジオの英語講座と関係ある物語が展開していいます。

ちなみにこのドラマのヒロイン等にはモデルは存在しませんが、ラジオの英会話講師のモデルは平川唯一さんだそうです。

広告

出演キャストの紹介

『カムカムエヴリバディ』は、第77作の『ちりとてちん』を手掛けた藤本有紀さんによるオリジナル作品です。

キャストは以下の通り。

〈ヒロイ3役〉
橘安子(祖母):上白石萌音(幼少期:網本唯舞葵)
雉真るい(母):深津絵里
ひなた(娘):川栄李奈

岡山編

〈橘家の人々〉
橘金太(安子の父):甲本雅裕
橘小しず(安子の母):西田尚美
橘算太(安子の兄):濱田岳
橘杵太郎(安子の祖父):大和田伸也
橘ひさ(安子の祖母):鷲尾真知子

〈雉真家の人々〉
雉真千吉(雉真繊維の社長):段田安則
雉真美都里(千吉の妻):YOU
雉真稔(千吉の長男):松村北斗
雉真勇(千吉の次男):村上虹郎(幼少期:藤原詩音)
村野タミ(雉真家に仕える女中):西川かの子
雪衣(雉真家の女中):岡田結実

水田きぬ(安子の幼なじみ):小野花梨(幼少期:岡陽毬)
水田卯平(きぬの父):浅越ゴエ
水田花子(卯平の妻):小牧芽美
赤螺吉兵衛(荒物屋「あかにし」店主):堀部圭亮
赤螺清子(吉兵衛の妻):宮嶋麻衣
赤螺吉右衛門(吉兵衛と清子の息子):中川聖一朗(幼少期:石坂大志)
柳沢定一(喫茶店「Dippermouth Blues」マスター):世良公則
柳沢健一(定一の一人息子):前野朋哉
平川唯一(ラジオ英語講座「カムカム英語」の講師):さだまさし
ロバート・ローズウッド(進駐軍の将校):村雨辰剛
小川澄子(安子が大阪で出会う主婦):紺野まひる
こわもての田中(橘家に押しかけてくる借金取り):徳井優
小椋くま(下宿「おぐら荘」の大家):若井みどり
神田猛(帝国軍人):武井壮

大阪編

大月錠一郎(るいが働くクリーニング店の客):オダギリジョー
竹村平助(「竹村クリーニング店」のオーナー):村田雄浩
竹村和子(平助の妻):濱田マリ
木暮洋輔(ジャズ喫茶のオーナー兼バーテンダー):近藤芳正
西山太(映画館の館主。町内会長):笑福亭笑瓶
磯村吟(ラジオパーソナリティー):浜村淳。
エンタツ(漫才師):中川剛(中川家)
アチャコ(漫才師):中川礼二(中川家)

カムカムエヴリバディの主題歌や放送期間について

カムカムエヴリバディの主題歌は「アルデバラン」。歌うのはAIさんで、作詞作曲は森山直太朗さんです。

カムカムエヴリバディの放送期間については、終了時期の発表はありませんが、おそらく2021年11月1日(月)から2022年3月24日(金)の約5か月間と予想されます。

広告

『ラジオで!カムカムエヴリバディ』がラジオでスタート!

ドラマと並行して2021年11月1日から2022年3月までのあいだ、『ラジオで!カムカムエヴリバディ』という英語番組がNHKラジオ第2放送で放送開始されます。

大杉正明さんを講師に、ドラマの主題歌を歌うAIさんと、お笑い芸人キャイ~ンの天野ひろゆきさんが番組を盛り上げてくれます。

これはなかなか面白い企画ですね。

放送は、毎週月~水の午前10:30~10:45です。

再放送は、毎週月~水の午後3:45~4:00と、毎週土曜の午後9:00~9:45(3回分まとめて)。ダイジェスト版が、毎週土曜の午前8:15~8:35に放送されます。

ぜひこちらも視聴してみてください。

まとめ

モネから上白石萌音へ、モネから萌音へとバトンタッチですね(笑)。

ちょうど先月よりラジオによる英語学習を始めた私としては、とてもタイムリーなドラマとなりそうです。

それに、ドラマスタートに合わせてラジオの方でも同タイトルの番組が始まるというのも、なかなかユニークな企画ですね。こちらも楽しみです。

これを機にラジオでの英語学習が再び人気となるかもしれませんね。

ちなみに、最近のNHKのラジオ講座は、インターネットから聴き逃し配信ができるので、タイムリーに聞くことができなかった場合でも、学習を取り戻す機会が充実しておりたいへん便利です。

かつて私のようにラジオ講座での英語学習に挫折した方も、ドラマの視聴と合わせて再び語学学習にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

参考になったらシェアしてくださいね!