ドライブレコーダー付き自動車保険の特約はあおり運転対策に有効か内容をチェック

あおり運転にまつわるニュースは後を絶たないですね。

どうして威圧したがるのか、全く理解できません。

よほど自分の人生がショボイのか、他人より優っていると自惚れているのか、相手を見下したいのか・・・。

行為そのものが幼稚だと認識できない人たちが「あおり運転」をやってしまうのでしょうね。

さて、そんな野蛮な道路事情故か、自動車も安全装備が盛りだくさんですし、国土交通省は2021年4月1日にバックカメラで後方確認ができる装備の装着を義務化することにしました。

  • 新型車は2022年5月以降
  • 継続生産車は2024年5月以降

これが現在の予定です。

自動車保険も、その流れを受けて特約が出てきました。

東京海上日動の特約

東京海上日動にはドラレコ関連のサービスとして、ドライブエージェントパーソナル(DAP)特約があります。

特約の内容としては、

  1. 事故対応サービス
  2. 事故防止支援サービス
  3. 安全運転診断サービス

が柱になっています。

事故対応サービス

事故が起こった場合に自動で事故受付センターに通報し、映像も自動で送信され、救急への対応が可能になります。

事故防止支援サービス

運転状況に応じて注意喚起します。

安全運転診断サービス

運転特性を診断してレポートが提供されます。

広告

貸与されるカメラ

前方のみのタイプと前方+後方座席タイプのどちらかを選びます。

どうせなら機能も上位となる「前方+後方座席タイプ」を選択するほうが良さそうです。

カメラにはオリジナルのSOS発信機能が付いています。

SOS発信機能は、カメラの指定ボタンを3秒以内に4回以上押すことでオペレーターに繋がり、適切なアドバイスを受けられるというものです。

  • あおり運転や急な割込み
  • 体調不良

このようなトラブル時にSOS発信機能を使います。

確か日産デイズは緊急通報装置「SOSコール」が採用されていますが、こちらは、ボタンを1度プッシュするだけでヘルプネットに繋がり、場合によっては消防や警察に繋がるようになっています。

4回以上はちょっとねぇ・・・(汗)

特約の保険料

ドライブレコーダー付き自動車保険の特約の毎月の保険料は、

  • 前方のみのタイプ:650円
  • 前方+後方座席タイプ:850円

となっています。

広告

まとめ

ドライブレコーダー付き自動車保険の特約は、

  • ドラレコが付いてない
  • ドラレコが古い
  • 緊急通報のしくみが欲しい

という場合には良いかと思います。

自動車保険の見直しの際に参考になれば幸いです。

 

【参考】

ドライブエージェント パーソナル|東京海上日動火災保険

保安基準等の主な改正項目 – 国土交通省

参考になったらシェアしてくださいね!