妊娠超初期に服用を控えた方がいい薬 ロキソニンは大丈夫?後期に控えた方が良いものは?

妊娠超初期に服用を控えた方がいい薬というのがあります。鎮痛剤としてわりと一般的に服用する機会のあるロキソニンはどうなのでしょう?また、妊娠初期・妊娠後期に控えた方が薬には、どういったものがあるのでしょうか?その他、妊娠中に注意したい薬の扱い方についてお伝えします。

妊娠超初期のロキソニン服用は大丈夫?

痛み止めとして処方されることのあるロキソニンですが、妊娠超初期にロキソニンの服用は控えた方がいいのでしょうか?

ロキソニンは妊娠の初期でしたら使うことは特に問題ないそうです。

むしろ、妊娠後期にはロキソニンはリスクが高くなるので使用はお控えください。

広告

妊娠初期に控えた方がいいもの

では、妊娠初期に控えた方がいいものには、どんな薬があるのでしょうか。

妊娠初期に控えた方がいいものとして、「ナイキサン」という薬があります。「ナイキサン」は、妊娠の初期に使用することで口唇口蓋裂が増えるとの報告がありますので、初期の使用は控えた方がよいでしょう。

ナイキサンは歯科などでも処方されるお薬です。もし妊娠発覚時などに、ナイキサンを服用していた場合には、産婦人科にて今後の使用等について相談するようにしてください。

妊娠後期に控えた方がいいもの

続いて、妊娠後期に控えた方がいいものをご紹介します。

先ほどもご紹介した「ロキソニン」が、まず挙げられます。

そして、ロキソニンと同様、鎮痛剤や解熱剤として使用される「ブルフェン」も妊娠後期には使用を控えた方良い薬です。

広告

妊娠がわかったら、今飲んでいる薬はすぐにやめるべき?

妊娠が判明したら、できるだけ早い段階で、現在服用している薬について医師と相談すべきです。

基本的には、可能な限り薬の使用を避けたいところですが、これまで服用していた薬を急にやめることで妊婦さん自身の体に及ぼす影響も考える必要があります。

お腹の中の赤ちゃんに影響せず、妊婦さんの体調をも管理してくれる代わりの薬がある場合は、そうした薬にスイッチすることもできるかもしれません。

自分で判断するのではなく、産婦人科医師と必ず相談して決めるようにしてください。

妊娠中の湿布などの痛み止めの使用について

妊娠するとお腹が大きくなり、体重も増えることにより、当然足腰や骨盤の痛み、肩こりなど、あちこちに不調も現れます。

飲み薬に関しては比較的気にしていても、湿布薬や塗り薬などは無意識に使用してしまいがちです。

しかし、湿布薬や塗り薬でも、皮膚から吸収し体内に薬の成分は入り込みますから、飲み薬同様、赤ちゃんにも影響はあります。つまり、湿布薬や塗り薬の中にも妊娠中に使用しない方が良いものがあります。

購入する際や使用する際は、必ず薬剤師に確認を取るようにしましょう。

ロキソニンテープやモーラステープなどの「非ステロイド性抗炎症薬」は、妊娠後期などの使用を控えた方がいい薬です。

産婦人科で処方されず、薬局で購入する際なども、妊娠時期は薬剤師に相談したうえで、使用するか否かを判断するよう心がけてください。

まとめ

妊娠中は自分の身体だけでなく、赤ちゃんの身体のことについも常に意識をして、食べるものやお薬について、意識するよう心がける必要があります。

普段と違う生活となりますから、分からないことだらけなのは当然です。

それ故に、分からないことを自己判断するのではなく、面倒くさがらずに疑問点は医師に確認するようにしてください。

小さな毎日の積み重ねが、母子ともに健康な出産につながります。

参考になったらシェアしてくださいね!