お腹周りの浮き輪肉を落とす方法 1日4分自宅でできる簡単筋トレのやり方【初級者向け】

初級者向けのお腹周りの浮き輪肉を落とすトレーニング方法をご紹介します。自宅でできる1日たった4分の簡単筋トレのやり方です。以前紹介したポッコリお腹の解消法トレーニングと併せて行えば、お腹まわりはもう完璧ですよ!

サイドクランチ

まずはサイドクランチというトレーニングから。

左右どちらかを下に横向きに寝ます。開いた両足と下側の腕とで身体をしっかり固定します。上側の手を後頭部にあて、肘と腰をくっつけるように上体を起こします。変形の横腹筋動作のようなイメージです。この動作を繰り返します。上体を起こすときに、息を吐くとより効果的です。

これを20秒間続けます。目安は12回です。

すかさず体制を反転させ、同様に反対側も20秒間トレーニングします。

そして、20秒休憩。

次、行きます。

広告

サイドVシット

続いて、サイドVシットです。

サイドクランチ同様、横向きに寝そべり、両手は床につけ体をしっかりと支えます。その状態から両足をそろえ、横向きのまま上に両足を上下させます。この動作を繰り返します。

これを20秒間続けます。目安は10回です。

すかさず体制を反転させ、同様に反対側も20秒間トレーニングします。

そして、20秒休憩。

次、行きます。

サイドジャックナイフ

お次はサイドジャックナイフです。

これも横向きに寝ころび、上側の腕と足を、まるでジャンピングジャックのように、動かします。掌で膝をタッチするようにし、同時に上体も起こします。この動作を繰り返します、

これを20秒間続けます。目安は12回です。

すかさず体制を反転させ、同様に反対側も20秒間トレーニングします。

そして、20秒休憩。

さぁ、ラスト!

広告

プランクアップ

ラストはプランクアップです。

横向きに寝ころび、肘からこぶしの間を地面につけ、上腕で体を支えるよう横向き姿勢を取ります。この時、下側の体側も足首を支点に宙に浮いた状態にします。上側の手は軽く腰にあてておき(前ならえの1番前の人の腕の形)、ここから腰を上方にグイと持ち上げます。この動作を繰り返します。

これを20秒間続けます。目安は10回です。

すかさず体制を反転させ、同様に反対側も20秒間トレーニングします。

これで終了です!お疲れさまでした!

まとめ

どうですか、お腹まわりに効いている感じがしませんか?

2日やったら1日休みにして続けてみたください。3週間もすると、浮き輪肉がかなり少なくなってきていることを実感できると思います。

たった1日4分のトレーニングですので、ぜひ習慣化させ、続けてみてくださいね。

こちらの記事のトレーニングも併せて行うことで、お腹周りは完璧になりますよ!

ポッコリお腹の解消法 腹筋の種類とどこでも1分あればできる簡単トレーニング法の紹介

参考になったらシェアしてくださいね!