コロナ禍の葬儀は遠方からの弔問は拒否すべき?マスクは?今後の葬儀のあり方

ご霊前

冠婚葬祭は時代とともに変化します。

これまでの常識が通用しないこともしばしば。
古い常識を持ち出すと、人間関係もギクシャクします。

一番大きく変わったのは葬儀ではないでしょうか。

個人的には、
「なぜ、喪主が一番忙しくしなければならないのか?」
と思っていましたし、実際に喪主を近くで見た時は、理不尽やら非効率なことが当たり前のようにありました。

それでいて、結構なお値段取られます・・・。

特にコロナ禍での葬儀も、これまでにない対応になっているでしょう。

そこで今回は、コロナ禍の葬儀や、これからの葬儀のあり方について完全に独断と偏見を軸に、自由闊達な情報を一方的にお送りしたいと思います。

大体、冠婚葬祭が派手過ぎ、行き過ぎ、金かけすぎなんですよ。

コロナ禍の病院の実態

コロナを原因として残念ながら亡くなってしまった場合、すぐに火葬されるのがコロナ禍での常識です。

そもそも病院への面会も難しいですから、いわゆる、危険な状況であっても家族を呼び寄せる機会は少なくなってます。
来院したところで親族だとしても病室には入れないです。

現に、義父がコロナとは無関係の病気で入院中ですが、医者曰く、
「意識レベルが下がる、あるいは血圧が急激に下がったりして容態が急変しない限りは家族の来院は遠慮していただいている、心苦しいですが・・。」
とのことでした。

まあ、これに関して文句は一切ないです。
それが今の常識ですからね。

病院側もアタフタしている世の中ですから、病院の方針に従うのが当たり前です。

広告

葬儀のスタイルは多様化

従来の葬儀、つまり一般葬は、

  1. 仮通夜または通夜
  2. 告別式
  3. 納骨

という大枠のステップがあり、弔問客も無制限で迎え入れていました。

次第に、家族葬、直葬、1日葬、密葬など多様化してきました。
これが受け入れられているというこは、どこかで従来の一般葬に対して、

  • 面倒くさい
  • 費用がかかり過ぎる
  • 弔問客の対応で疲れる
  • そもそも期間が長い
  • とにかく時間に追われる
  • 料金体系や葬儀社など比較検討する暇もない
  • 司会とか必要?

というような、どこか引っかかる部分があったのではないかと推測しています。
じゃないと小さなお葬式の業者、増えません。

これまでは葬儀社やお寺の言いなりで、費用もほぼ言い値が通用しましたが、今はツケが回ってきたと思いますよ。
都合よくビジネスができていたと言っても過言ではないでしょう。

コロナ禍の葬儀では遠方だと対応が難しい

コロナ禍以前の葬儀、いわゆる一般葬はとにかく大掛かりで大変です。
特に田舎だと「村の有力者」に話を通すとか、わけのわからないローカルルールがはびこっていて、非常に面倒くさいです。

しかも長い・・。

コロナ禍にあっては遠方の弔問客は遠慮することになるでしょうね。
ご仏前なども当然集まらないですから、規模も小さなものになります。

ということで皮肉なことに、家族葬や密葬などが、今の状況にはマッチしていると言えます。

残された遺族の心身の疲労も随分と変わってくるでしょうし、費用の負担も大きく変わるはずです。

広告

コロナ禍の葬儀はマスク必須

マスクは外せないと思います。
もう誰も抵抗は無いでしょう。

一部の人は、マスクが困難なケースもあるようですが、それはまた別の話。
あくまでもコロナ禍での葬儀では、親族だけでなく葬儀社の方々も全員マスク着用になりますよね。

まとめ

コロナ禍の葬儀は遠方からの弔問は遠慮していただくべきです。

普段は音信不通で葬儀の時だけに、故人と友好関係を強調する人がいますが、そんな人の相手もしなくていいので楽だと思われます、今の葬儀は。

これからの葬儀のあり方は、今の状況がベースとなる気がします。

参考になったらシェアしてくださいね!