親ガチャ子ガチャ論争過熱!境遇は運任せという論調の中で親子関係を改めて考える

親ガチャ、子ガチャという言葉がフューチャーされています。

単なる「ガチャ」であれば、カプセルトイをイメージするわけですが、ネット上で賑わっているのは、決してカプセルトイのことではありません。

ガチャは、何が出るかわからない面白さがあり、幸運か不運か、それとも平凡なのかは当事者や周囲が判断します。

それを境遇や親子関係に絡めたのが、親ガチャ子ガチャ論争です。

今回は、その親ガチャ子ガチャ論争について、語ってみたいと思います。

論争から見えること

親ガチャ子ガチャという語感については、あまり快く思っていない人もいるようですが、言葉の使い方や表現については、今回は触れません。

自身の境遇は親次第、子は親を選べないという意味にも捉えることができる点について、触れていくものです。

きっと論争の本質はそこなのだと思っています。

自身の境遇は親次第、子は親を選べない、というのは至極、真っ当なことですが、後に続く言葉によって、発言した人の幸せの度合いが見え隠れします。

広告

幸せの度合いとは

自身の境遇は親次第、子は親を選べない、という言葉の裏には、ややネガティブなことや闇深い気持ちが含められている印象です。

Yahooのコメントは、その傾向が顕著に現われていて、

私はボロい家と共働きでないと生活できない家庭でした
お出掛けは年に2回
海水浴と同じ県の従兄弟のところ

親はいわゆる毒親で、
精神的苦痛が幼い頃からあり、
その後の人格形成に大きな歪みが出てしまった。

極端にネグレクトされたという訳ではなく、一見はよい家庭、教育熱心な親で子どもも一定の成功を収めている。が、子どもの心の中は不幸。

など、誰かしら子どもの頃には暗い過去があるというような印象を与えてしまうかもしれませんが、意外とシビアな書き込みが多いです。

上司ガチャや先輩ガチャもある

親ガチャ子ガチャがあるならば、上司ガチャや先輩ガチャもあり得ます。

率直に言えば、上司や先輩の存在についても、運次第で境遇は大きく変わります。

たまたま先に生まれて、たまたま先に入学しただけで、先輩として敬うというのは強引過ぎやしませんか、というのが個人的な意見です。

人格や性格を知った上で、先輩として尊敬したいということなら話しは理解できます。

「今日からオレはお前の先輩だ」

そんなことを言う人を、はたしてアナタは信頼できますかという話しです。

上司においては「距離を置く」ことができないですから、ハズレだと「ゲームオーバー」しかありません。

ゲームオーバーしかないゴールが若手を潰しているというのが私見認識です。

広告

人間関係がそもそもガチャ

付き合う人を間違えるとゲームオーバーです。

間違った時は距離を置くという手段もありますが、それだけでは離れない人もいるから面倒くさいですよね。

ガチャはどこにでも存在すると言えそうです。

まとめ

親ガチャ子ガチャ、上司ガチャに先輩ガチャ。

どれもハズレの方が多い気がします。
ゆえに友だち100人なんて無理な話。

SNSでフォワーが数万人いたとしても、その人がピンチなときに、何人の人がリスクを背負って駆けつけることができるのか・・・。

ガチャのアタリは昔から少ないのです。

関連情報

当たり外れという言葉も使いたくなりますよね・・・。
前述のコメントも、コチラからの引用です。

“親ガチャに外れた”に臨床心理士 Yahoo!ニュース

参考になったらシェアしてくださいね!