ギブソンギターと言ったら?代表的なエレキ、アコースティックモデルをご紹介

ギブソンギターと言えば、世界を代表するギターブランドの1つです。もっとも有名なギターブランドと言っても過言ではないかもしれません。そんなギブソンの代表的なエレキギターやアコースティックギターのモデルをご紹介します。

ギターの王様「ギブソンギター」

ギブソンといったら、ギターを弾く人なら知らない人はいない、ギター界の王様的ブランド。

特にロックをやっている人なら、ギターパート以外のメンバーだって、ギブソンくらいは知っていて当然というほど、世界的に有名なギターブランドです。

ギブソン(Gibson)はアメリカ・テネシー州ナッシュビルに本拠を置く楽器メーカーで、主にエレクトリック・ギターやアコースティック・ギターを製造しています。

創業は1902年10月11日。職人であったオーヴィル・ヘンリー・ギブソンがマンドリン製作を始めたことが起こりとなります。

しかし、オーヴィルは経営を筆頭株主のジョン・W・アダムスらに任せ、1908年以降はブランド名と特許使用料として年500ドルを受け取るのみで、コンサルタントとして製作上のアドバイスをする以外は会社経営には関わらなかったそうです。

ギブソンと2分する世界を代表するギターメーカーに、フェンダーがあげられます。

広告

ギブソンの代表的なエレキギターのモデル

ギブソンにはいくつものエレキギターのモデルが存在しますが、その中の代表的なモデルをいくつかご紹介します。

レスポール

まず、いちばんの代表モデルが「レスポール(Les Paul)」でしょう。

レスポールはギブソン社から1952年にデビューしたモデルで、アメリカのギタリスト、レス・ポール氏のアーティスト・モデルです。

レスポールには非常に多くのバリエーションモデルが存在しますが、中でも人気が高いのは「スタンダード」と「カスタム」というモデルです。

SG

続いて、1961年に登場したSGです。

「SG」とはSolid Guitarの意だそうで、その名の通り、ボディは単板構造となっています。

レスポールよりも小型化、薄型化、軽量化され、より弾きやすさが追及され、さらにコスト削減もされました。

多くのミュージシャンに愛され、今でも非常に人気があります。

ただこのSG、ヘッド落ちと言って、ストラップを掛けた状態で手を離すと、ヘッド側が落ちるという、ちょっとバランス配慮に欠けたデザインとなっているため、不注意によりネックを折ってしまわぬよう注意が必要です。

ES-335

そして、商業用では世界初となるセミアコースティックギターのES-335です。1958年に発売されました、

ボディはホロウ(空洞)構造となっているため、ソリッドとは異なった構造を持っており、ソリッドギターよりも甘い響きを持っているのが特徴です。

非常にバランスの良いモデルで、セミアコの代表モデルとして、多くのミュージシャンに愛用されています。

ファイヤーバードとフライングV

それから、ギブソンを代表する変形ギターでもある、ファイヤーバードとフライングVです。

独特なフォルムから、ビジュアル的効果も高く、ロックミュージシャンに愛用されているソリッドギターです。

ギブソンの代表的なアコースティックギターのモデル

エレキギターのイメージが強いギブソンですが、ギブソンには代表的なアコースティックギターのモデルもあります。

J-45

まず初めに上がるのがJ-45でしょう。

J-45は1942年に発売されました。45という数字の由来は、発売時の価格が45ドルにちなんでいるとのことです。

アコースティックギターメーカーを代表するマーティン社のD(ドレッドノート)モデルに対抗すべく登場したのが、ラウンドショルダー型の大型アコースティックギターであるJ(Jumbo)シリーズです。

J-45もこのジャンボシリーズの1つで、発売から1969年まではラウンドショルダー型だったボディ形状は、その後スクエアショルダー型となりました。

J-45はビートルズなど多くのミュージシャンが愛用したモデルでもあり、プレーンなスタイルと相まって、アコギのスタンダードモデルと言っても良いでしょう。

ハミングバード

続いては、1960年に登場したハミングバードです。

ギブソン社としては初のスクエアショルダー型のアコースティックギターです。

ハチドリ(Hummingbird)が描かれた、色鮮やかなピックガードが特徴的です。

こちらも一目で見てハミングバードだと分かる特徴的なモデルで、多くのミュージシャンが愛用しています。

広告

まとめ

ギブソンのギターはフェンダーとは異なり日本製のモデルがなく(オーヴィルという名で作られてはいた)、基本的に値段が高いものしかありません。

なので、なかなか初心者が初めに買うギターではなく、少し上達して本格的に続けた頃に、手に入れるギターと言えるでしょう。

なので、ギブソンのギターには、ある種ギタリストの憧れが詰まっていると言えるのです。

ちなみに私は、ギブソンのファイヤーバードを所有しています。

参考になったらシェアしてくださいね!