緑内障の症状 原因と予防法・検査・眼圧の正常値・目薬について 禁忌や失明までの年数は?

先日、眼科ドックを受け、緑内障の疑いがあるとのことで、緑内障の検査に行ってきました。その経験と緑内障について調べたことをお伝えします。緑内障の症状はどういったものか、原因と予防法について、緑内障の検査や眼圧の正常値について、治療薬である目薬についてなど。そして緑内障の禁忌や進行した場合の失明までの年数はどれくらいかなど、気になることを調べてみました。

緑内障の症状

緑内障の症状は、見える範囲が狭くなる視野狭窄(しやきょうさく)、視野の一部が見えにくいといったことが、主な症状としておこります。

症状はとてもゆっくり進行するうえに、片眼だけに症状があらわれる場合もあるので、なかなか気づきにくかったりします。

初期の段階では、はっきりした症状が現れないことがほとんどなので、余計に自分では気づきにくかったりします。

広告

緑内障で失明までの年数

緑内障は失明する病気と言うことをよく耳にします。そう聞くととても怖くなりますよね。

ただ、失明する例は少ないことと、発症してから失明するまでには10年から20年ほどの長い年月がかかるのが一般的だそうです。

歳を取ってから発症した場合などは、視力を失うよりも前に天寿をまっとうする方が先となるケースも多いです。

発症したら治療により進行を遅らせることもできますし、緑内障の宣告が失明の宣告であるわけではありませんので、その点はご安心ください。

なので、何よりも早期発見こそが、緑内障の場合は重要といえます。

緑内障の原因と予防法

緑内障の原因は視神経の圧迫や障害によることが主な原因です。そのため眼圧を計り、数値が高いと、緑内障の疑いが持たれたりします。

近視になると眼球が前後に楕円形へと変化していきます。強度の近視の人は、この楕円形への変形率も高くなり、故に神経が引っ張られて血流が悪くなったり眼圧が上がりやすくなったりします。

そのため、近視が強い人は緑内障になりやすいと言われています。

また、暗所での長時間の細かい作業や、うつ伏せの姿勢が長時間取ると、緑内障の起こす原因にもなると言われていますので、注意が必要です。

緑内障の主な予防法としては、とにかく眼圧を上げないことです。眼圧はストレスなども関係があります。高血圧や糖尿病などにも気をつける必要があります。

その他の一般的な予防法としては、殆どの病気の予防法とも言える次のようなことです。

  • ストレスをためない
  • 適度な運動
  • 睡眠を充分にとる
  • バランスの良い食事
  • 深酒をしない
  • タバコを吸わない

また、スマホやゲーム、パソコンは、ついつい長時間画面を凝視してしまいがちです。そうすると眼圧が上がりますので、長時間の使用を避けたり、適度に目を休めるといった工夫をしながら使用してください。

広告

緑内障の検査・眼圧の正常値

緑内障の検査はどういったことをするのか、気になる人も多いと思います。私も検査をするまではちょっと気が引けていましたが、実際は何も恐ろしい検査はありません。

緑内障の検査内容は、

  • 視力検査
  • 細隙灯顕微鏡検査
  • 眼圧検査
  • 隅角検査
  • 眼底検査
  • 光干渉断層計(OCT)
  • 視野検査

などになります。

必ず眼圧は測定されますが、眼圧の正常値は、一般的には10~21mmHgとされています。

ただし、どのくらいの眼圧になると緑内障を起こすかは、人それぞれの視神経の強さによって異なってきます。

緑内障の治療と目薬

緑内障は発症すると治ることはなく、進行を遅らせる治療となります。

多くの場合は目薬による薬物療法です。

また、線維柱帯の目詰まりを改善するために、レーザーを照射を行う治療も用いられることがあります。

それでも眼圧が下がりにくい場合は、眼圧を下げる手術を行うこともあります。

緑内障の禁忌とは

緑内障には禁忌とされる薬がわりとたくさんあります。それは主に、抗コリン剤や抗ヒスタミン剤で、かゆみ止めや花粉症などのアレルギー薬として処方されることの多い薬です。

その他にも、風邪薬やせき止め薬、睡眠薬、胃薬などの一部に、注意書きとして「緑内障の人には禁忌」と書かれているものはわりとたくさんあります。

そうなると、ほとんど薬が飲めなくなってしまうのではないかと心配になってきますが、実際はそうでもないようです。

これらの薬には、毛様体筋を弛緩させる作用があり、それが眼圧上昇をおこすと考えられていることが禁忌と書かれる理由のようですが、実際はさほど眼圧が上昇することもなく、仮に一時的に少し眼圧が上昇してもすぐ元に戻るそうです。

しかし、そうだからと言って安易に過信するのではなく、薬剤師等の説明を受け、自身にあった薬を服用することはとても重要です。

気になる場合は、適宜、眼科医に相談してください。

まとめ

視野の一部に暗く見える点(暗点)に気づいたり、なんとなく視野が狭くなった気がするなどと感じたら、検査を受けてみることをおすすめします。

一般的に40歳を過ぎると、緑内障については気にかけた方がいいそうです。私は50歳で気になり、眼科ドックを受けました。

人生100年時代、視力に頼ることはこの先の日常生活においても、非常に多いです。なので、50歳を過ぎたら、毎年の緑内障検査でしっかりと気を配り、歳を重ねても視力を失わないよう気をつけたいと思います。

参考になったらシェアしてくださいね!