Googleサーチコンソールからのお便り!インデックス登録で問題が起こってますよ!

いつもドキッとするのはGoogleからのお便りです。

特に、Googleサーチコンソールさんは、あまり良くない内容のときに送信されるので、正直、開封するのがイヤで仕方がありません(汗)

今回も非常にわかりやすい、

「(URL)で新しいページのインデックス登録の問題が検出されました」

とのタイトルで、メールを届けてくれました。

SEOの観点からも素晴らしいタイトルです・・・(汗)

そこで今回は、届いた内容の問題について、対策方法などをシェアしたいと思います。

SEOの話は久しぶりです。

インデックス登録の問題とは

そもそもインデックスとは、という話はしないつもりでしたが、一応、軽く触れておきます。

Googleが検索エンジンを提供しているのは、巨大なデータベースを作ろうとしていることが発端ですが、インデックスとは、文字通り検索データベースに登録されることを指しています。

登録されなければ、どれだけの熱量を以てしても検索にヒットしません。

無事に登録されても日の目を見ないページはゴマンとあるので、見方を変えればSEOでのコンテンツマーケティングはシビアな世界です。

今回は、コチラのような内容で、メール文を一部、引用します。

Search Console で、貴サイトが 1 件の ページのインデックス登録 の問題に影響を受けていることが検出されました。サイトから検出された問題は以下のとおりです。

主な問題

他の 4xx の問題が原因でブロックされました

ブロックさせた覚えは無いから、ひょっとして・・・。

広告

他の4xxの問題が原因って?

「4xx」はエラーのコードを指しています。

代表的なのは「404」で、ページが無くなっていたりすると、この値が返ってきます。

予想される原因としては、

  • インデックスされていたページが削除等で読み込めない
  • 新しいページをインデックスしようとするも読み込めない

のどちらかです。

Googleのクローラーは有能すぎるので、本来は読み込まなくてもよいファイルを読み込もうとして「読めない」とエラーを返します。

逆にGoogleのクローラーは、読んでいいファイルと読まなくていいファイルなんてことまで、判断はできません。

ゆえにユーザーサイドで、読み込み不要なファイルを指定することで、クローラーを回避する手段を取らねばならないのです。

ちなみにヘルプを参照すると、「URL検査ツールを使用して、ページをデバッグしてみてください。」とあります。

インデックス カバレッジ レポート – Search Console ヘルプ

Googleサーチコンソールの左側にある「URL検査」をクリックして検査を実行すると、

URL が Google に登録されていません

という回答で、「わかっとんねん」とツッコミをしたくなるのは、毎度のことです(汗)

調べさすなよって、いつも感じます・・・。

こんな感じで経験が浅いときは沼にハマッていくのですよ(汗)

対象URLはインデックス不要

今回のインデックス登録問題は、大方の予想通り、

新しいページをインデックスしようとするも読み込めない

ことが発端でした。

なぜならば、対象となったURLを見ると、インデックス登録されなくても良いファイルだったからです。

そのファィルは「admin-ajax.php」で、WordPressでサイトを運用していれば、もれなく付いてくるファイルになります。

それさえわかれば対策としては、robots.txtでクロールをブロックするぐらいでよろしいのではないかと考えます。

仮に放置したとしても影響はないのですが、何度も警告してくる可能性があるので、時間があるときにでも改善します。

広告

まとめ

「Googleサーチコンソールからのお便り!インデックス登録で問題が起こってますよ!」というテーマで、対処法などについて書きました。

今回はトラブルというほどでもなかったので、ホッとしています。

しかし初めて見る方にとっては、少し慌てたのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

関連記事

【ゴミサイト閲覧注意!】1話を30ページに薄めて広告代を稼ぐユーザー無視のサイト

参考になったらシェアしてくださいね!