秋の花粉症の種類 いつまで続く?ブタクサ・ヨモギによる喉・鼻水などの症状と対策について

9月に入ると秋の花粉症が発症します。その原因となる植物の種類や、秋の花粉症はいつまで続くのか?その症状と対策などについてお伝えします。

秋の花粉症

花粉症というと、春のスギやひのきによる花粉症をイメージする人も多いと思いますが、秋にも花粉症は起こります。

ただし、春に花粉症になる人が、秋にも花粉症になるかというと、そうともいえません。逆もまた、然りです。

ちなみに私も、春はさほど花粉症に反応しませんが、9月に入りしばらくすると、鼻がムズムズして、喉がいがらっぽくなってきます。

広告

秋の花粉症の種類

秋の花粉症の種類は、

  • ブタクサ
  • ヨモギ
  • カナムグラ

が、ほとんどです。

中でもブタクサは秋の花粉症の代表です。

ただ、秋の花粉は春の花粉と異なり、あまり遠くまで飛散しません。

というのも、春の花粉が杉やひのきといった樹木の花粉であるのに対し、ブタクサやヨモギなどの春の花粉は草だからです。

ブタクサは午前中に花粉を飛ばしますので、秋の花粉症の方は、午前中の外出はひかえた方が良いかもしれませんね。

秋の花粉症は8月ころから飛び始め、9月がピークで、10月いっぱいまで続きます。

秋の花粉症の症状

秋の花粉症の症状は春の花粉症と同様に、

  • くしゃみ
  • 鼻水・鼻づまり
  • 喉のかゆみ・咳
  • 眼の充血・痒み
  • 皮膚の痒み
  • 熱っぽい感じ
  • 頭がボーッとする

といった症状があります

ただし、秋の花粉症の方が、気管に与える影響が大きいです。

というのも、秋の花粉のほうが粒子が細かいため、奥深くまで入り込みやすく、気管支に入って喘息のような症状を起こすことがあります。

広告

秋の花粉症対策

秋の花粉症は春お花粉症と比べると症状が現れる人も少ないせいか、ニュースなどで花粉情報などをあまり取り扱われません。

そのため、自身で8月ころから意識し、対策をする必要があります。

まずは生活圏内のよく通る道にブタクサやヨモギなどの植物が生えていないかをチェックし、秋花粉の時期はその近辺をなるべく通らないようにしましょう。

秋花粉の対策法は、基本的に春の花粉症対策と同じです。

マスクやメガネの着用を基本に、帰宅時に部屋に入る前には衣服に付着した花粉を払い落とし、うがいを徹底します。洗顔まで行うとよりベターです。

部屋掃除の徹底と空気清浄機の利用も行うと、より効果的です。

これらは秋のハウスダスト対策にも有効なので、おすすめです。

まとめ

私のジョギングコース上(川沿い)に、どうもブタクサかヨモギが生えているようで、秋は走った後に必ずと言っていいほど、鼻がむずむずしてくしゃみが出ます。

1年中同じコースを走っているので、9月に入る頃からこの症状が出始めるため、花粉症により秋の到来を感じることになります(笑)。

喉もいがらっぽくなり、咳も少し出ますので、新型コロナの感染と間違われないよう気をつけたいと思います。

参考になったらシェアしてくださいね!