HDMIケーブルの種類と見分け方!ARC対応とか変換・分配器ってなに?

HDMIケーブル

ノートパソコンにモニターをつないで画面拡張するときなどに便利なHDMIケーブル。
デジタル機器同士の接続には欠かせないものです。

これ1本で画像と音声を出力する準備が整うわけですから、効率的にセッティングできます。
アナログRGBケーブルだと、赤と白と黄色に色分けされたプラグを、それぞれ端子に差し込むことになるため、機器の背面がごちゃごちゃするんですよね。

今では、もうアナログRGBケーブルを使う機会もなくなりましたが、PS4などゲーム機器をテレビで楽しむときなどHDMIケーブルが必要になりますから、種類などをシェアしたいと思います。

変換や分配器についても少しだけ触れます。

HDMIケーブルとは

テレビとパソコン、あるいはハードディスクレコーダーまたは家庭用ゲーム機などを接続する際に使われるケーブルです。

1本のケーブルで、音声や映像などのデータを送ることができる通信規格であることが特長です。

HDMIはHigh-Definition Multimedia Interfacの略で、高精細度マルチメディアインターフェースとも訳されます。

広告

HDMIケーブルの種類

HDMIにはバージョンによって再生可能な映像に違いがでたりします。
わかりやすく表にまとめました。

バージョン 概要
プレミアム (Ver,2.0a~) 4K/60pとHDR映像、Ultra HD Blu-ray規格に対応。Ver.2.1以上なら8K映像も。PS4 proにおすすめ。
ハイスピード (Ver,1.3~2.0) 3D映像や4K、インターネット接続に対応。「スカパー!4K」視聴ならハイスピードを選択。
スタンダード (Ver,1.2) フルHDの映像がイケますが若干時代遅れになりつつあります。

HDMIケーブルの長さ

短いものだと0.5mですが、家庭でゲーム機やパソコンをテレビに接続するのであれば、2m前後で十分です。

あまりに長すぎてもデータ伝送に支障がでる恐れもありますし、家電量販店でも、あまり長いものは置いてない場合もあります。
コスパを考えると2m前後のHDMIケーブルが使用できるように配置などを考えると良いでしょう。

広告

HDMIの端子のタイプ

端子(コネクタ)のタイプは4種類あります。
用途に応じて選んでください。

  • HDMI(Type-A) テレビ、パソコン、レコーダー
  • ミニHDMI(Type-C) デジカメ、ビデオカメラ
  • マイクロHDMI(Type-D) スマホ、タブレット
  • HDMI(Type-E) 自動車用カーナビ

タイプB(Type-B)が無い理由は、もともと4K画質の映像を対象に作られた端子ですが、タイプAで対応できるようになったため、出番がなくなりました。

HDMIのARCとかeARC対応の意味

HDMIにはARC対応という言葉が出できます。
ARCとはオーディオリターンチャンネルの略で、わかりやすく言えば、テレビの音声をサラウンドスピーカーで再生するときなどで有効となる技術です。

eARCはARCの拡張版と考えてください。
(難しいことはパスパスww)

具体的な使用イメージでは、テレビに内臓されたNetflixアプリを通じて「愛の不時着」を臨場感たっぷりに音声はサラウンドスピーカーから聞く環境を整えるとします。

愛の不時着の最終回は文字通り不時着?ハッピーエンド?双子が好きだは名言

「愛の不時着」はドルビーアトモスというサラウンド再生技術で製作されているので、それに対応するスピーカーとのテレビをeARC対応HDMIケーブルで接続すれば、3Dサラウンドの音声で作品が視聴できるわけです。

ただしテレビとサラウンドスピーカーが、eARC対応のHDMIケーブルを接続できるポート(差し込み口)があることが前提です。

韓流ドラマ好きにはたまらない高品質な音響空間となること請け合いです。

HDMIに変換するパーツ

1本のHDMIケーブルがあれば、変換パーツを付けるだけで、端子のタイプが違う機器同士を接続することができます。
また2本のHDMIケーブルを繋いで延長させることもできます。

変換パーツはAmazonなどで、格安で売られています。

HDMIの分配器

HDMI 分配器

ゲーム機とハードディスクを1台のテレビで共有したいときなどに便利なのが、分配器といわれるパーツです。

我が家でも分配器を使用しています。
Amazonプライムビデオとハードディスクを切り替えて視聴するために使っています。

左側がテレビと接続、右側の1がハードディスク、2がAmazonプライムビデオのFire TV Stickと接続されています。
真ん中のボタンを押すごとに、1と2が点灯するので、切り替えも簡単です。

値段は高くありません。

3種類のデジタル機器を切り替えられる分配器もあります。

まとめ

HDMIケーブルはデータの質が損なわれにくいですし、何より簡単ですから、ちょっとデジタル機器に弱いと自認している人でも使えます。

もしHDMIケーブルが必要になったときに、この記事が参考になれば幸いです。

参考になったらシェアしてくださいね!